ローリング

2015年 日本 93分
rating 2.5 2.5
3 8

「ローリング」のあらすじ

水戸のおしぼり業者で働く貫一は、10年前学校内で盗撮事件を起こし行方をくらましていた元高校教師の権藤と再会する。 権藤はかつての教え子たちにつかまり糾弾され面目を失い、さらに東京から連れて来ていたキャバクラ嬢みはりに貫一が一目惚れし権藤から奪ってしまう。 一方かつて権藤の盗撮した動画に録画されたある人物に目を付けた貫一の悪友たちによって、芸能事務所を巻き込んだ思わぬ騒動へと発展していく…。

「ローリング」のスタッフ・キャスト

「ローリング」の感想・評価・ネタバレ

  • SKY_SPOT
    SKY_SPOT 1 2016年7月21日

    みてて苛立つ

  • Satoko_Suzuki
    Satoko_Suzuki 4 2015年10月13日

    2015/09/29 冨永昌敬監督作品、と言っても、昔「パビリオン山椒魚」を観ただけだったので、ちょっと不安でしたが(なんとも言え無い不思議な感覚の映画でしたので、、)、観て正解。ちょっと不思議な感覚は残しつつも、分かりやすく、コメディタッチでテンポも良い。独特の面白さです。 水戸の高校で教師をやっていた男、教え子の着替えを盗撮して職を追われ、東京に逃げる。10年振りに若い女を連れて水戸に戻るも、元教え子達に追われ、挙句に教え子の一人に若い女を寝取られる。そしてどんどん転落していく。キャラの濃い教え子達や、途中介入の怪しい弁護士などに転がされて、、、ってストーリーです。 この元教師、ダメダメっぷりが哀しくて、憎めなくて、なんだか笑える。不思議な余韻。こういう映画って年に何回か観たくなるなあ。