ニューヨーク・ニューヨーク

ニューヨーク・ニューヨーク

NEW YORK,NEW YORK
1977年製作 アメリカ 155分 1977年8月13日上映
rating 2.5 2.5
3 3

『ニューヨーク・ニューヨーク』とは

ニューヨークを舞台に腕利きのサックス奏者の男と明るく優しい歌手の女の悲恋を描いたラブストーリー。『タクシードライバー』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のマーティン・スコセッシがメガホンをとった。サックス奏者に『タクシードライバー』のロバート・デ・ニーロ、歌手の女性役に『キャバレー』のライザ・ミネリがキャスティングされている。本作のテーマ曲「ニューヨーク・ニューヨーク(Theme from "New York, New York")」は劇中でライザ・ミネリが歌ったが、その翌年にはフランク・シナトラがカヴァーし大ヒットとなった。

『ニューヨーク・ニューヨーク』のあらすじ

1945年8月15日。アメリカ、ニューヨークでは日本軍に勝利したことで盛り上がっていた。そんな中、失業中のサックス奏者ジミーはお金を工面すべく質屋に向かう途中である楽団のビートが聞こえホテルのテラスに足を向けた。そこには、復員したジミーの元バンド仲間がいたのだった。その中にいた女性フランシーヌに一目惚れをしてしまったジミーは人づてに電話番号を聞くのがやっとだった。しかしひょんなことからホテルで再開し、急速に距離が縮まる2人。そんな2人はクラブのオーディションに合格するのだが、フランシーヌはマネージャーの戦略により全国巡業に出ることになってしまった。

『ニューヨーク・ニューヨーク』のスタッフ・キャスト

『ニューヨーク・ニューヨーク』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『ニューヨーク・ニューヨーク』に関連する作品