フレンチアルプスで起きたこと
フレンチアルプスで起きたこと
Turist
2014年製作 スウェーデン・デンマーク・フランス・ノル 118分 2015年7月4日上映
rating 3.3 3.3
21 23

『フレンチアルプスで起きたこと』の感想・評価・ネタバレ

  • えりこ
    えりこ 4 2016年1月25日

    これ、かなり面白かったです!掘り出し物を見つけた気分。 人がいざ生死を分ける事態に直面した時、どうするのか?愛する家族を守るのか、それとも無我夢中で逃げるか? 心理合戦がスリリングで、妙におかしくておかしくて、笑ってしまいました。あの父親はホント情けない男で引っ叩きたくなったけど、(笑)最後は…?是非観てみてください!オススメです。

  • ののはな
    ののはな 4 2016年1月21日

    面白かった〜。 ブルジョア一家のスキーバカンス。 雪崩が起こり、咄嗟に家族を置いて逃げちゃったパパ。 それから地獄の日々の始まり始まり...笑 ビバルディの「夏」が恐怖心を煽る煽る! コメディなんだけど、ハラハラするし、おっかない。 でも面白い。人の不幸は蜜の味...ってとこですかね(^^; 子ども達の性格が可愛くもなく自然だし、狼狽えるパパ。鬼のように追い詰めるママ。「ゴーンガール」と良く比較されてる本作だけど、これは、リアルにこんな事もあるかもねうんうんと頷いてしまう映画でした。 ラストの強烈な皮肉が効いていた。

  • HM world-traveller
    HM world-traveller 3 2016年1月17日

    自然災害など予期せぬ事態が起きた時、あなたならとっさにどんな行動を取りますか?フレンチアルプスのスキーリゾートで休暇を楽しむ一家。そこで雪崩が起きた際に夫が取った行動とは。 うーん、これは男と女の本能的な差かなぁ、と思った。まずは本能、次に持って生まれた気質。妻からすると危機に直面した状況で私や子供を置き去りにして!と怒り心頭になるのもごもっともだし、その後に何とも言えない気まず〜い空気が流れるのもわかる。でも、突然の状況下では、頭で考えて行動を決めるというより、考えるより先に身体が動くこともあるだろう。そして男は一目散に逃げ女は逃げる際に瞬間的に子供を抱こうとした、これは父性と母性の差と言ったら言い過ぎだろうか。 それよりも問題はその次の展開。ストレートに「悪かった、ごめん」と言えばいいものを何事も無かったかのように言うからこじれてしまう 。これは奥さんの怒りのボルテージも上がるわ〜(笑)。これは嫌な記憶を無意識のうちに脳内改ざんしてしまう現実逃避症状なのかなと思ったり、だとしたら雪崩で1人先に逃げ出すよりも現実逃避の方がはるかに問題だし弱っちいよねと思ったりσ(^_^;)。何にしろ、観た人と話したくなるという意味ではすごく良い題材(笑)。 妻のほうも、自分だけでは気持ちを処理できなくなったのか、リゾートで知り合っただけのカップルを巻き込んで せっかくの食事中に夫の行動への不満を漏らすわ非難するわと、執拗。起きたことのインパクトからして事実を認めるよう夫に迫るところまではわかるけど、見ず知らずの他人を巻き込むって、これはこれでやり過ぎ感がある (・ω・;)。 その他、雪山で奥さんがはぐれてからのシーンは子供たちへ向けた名誉回復目的の狂言?とか 最後のシーンの捉え方とか、カップルで観ると議論が沸騰しそうなネタが満載(笑)。たびたび挿入されるヴィヴァルディの四季の旋律の大げさな感じの使われ方もシリアスな緊張感とユーモアを絶妙なバランスで煽る効果がある。真剣だけど可笑しく、コメディだけど「あるある」と笑い飛ばせない皮肉がきいたおもしろい作品だった。

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2015年12月20日

    このバカンス、予測不能。家族写真の微妙な可笑しみから惹き込まれ、迫り来る雪崩におののき、失態を晒したパパの詭弁や自己憐憫、ママの冷ややかな失望、伝染する不信感、うわ〜っとなる居心地悪さに笑うしかない。固定カメラ長回しの静かな1カット1カットに、何が飛び出すかとニヤニヤゾクゾク。スキー場にホテル、トンネルやスキーウェア、夜空のドローン、色彩もデザインも素敵すぎて、ホワイトアウトから徐々に滲み出る人影、皮肉な重みがのしかかる家族団子とかたまらないショットの数々。期待を裏切らない雪山映画でした。 途中まではついママに共感してしまったけど、最後の展開でお互い笑えなくなるんだった。フェアな落とし所ではある…ていうか自分を見るようで。でも男でも女でもパパやママでもお互い様、役割の前に自分があるし、信用にリスクは付き物じゃん…って、やっと肩の力が抜けた楽観的な結末に受け取れたよ。誰だって怖いもんは怖いんだよう!

  • tophelos
    tophelos 0 2015年9月7日

    2015/07/25 シネリーブル梅田 バカンスで一家揃ってフレンチアルプスへやってきた家族に起こるちょっとした事件を描いたスウェーデン映画。誰にでも起こりうるような些細な出来事が発端となっているのだが、音楽や表現がサスペンスチックに描かれていくこともあって、居心地の悪いじわじわとした緊張感(特に男性にとって)が続く。ただ、本質的にはコメディなので、笑いどころもあり、不思議なバランスで飽きさせないし、ラストの落とし所も「あぁ、なるほどね」と感じられて面白い。スキーなんて全くしないインドア派だけれど、ロケーションやホテルが非常に素晴らしくて、ちょっと行ってみたい気分にさせられる。

  • nieve822
    nieve822 3 2015年7月18日

    フランススキーリゾートで起こる夫婦の危機。音楽と爆発音が不安を煽る。誰にでも起こり得そうな話。多くの人は旦那と同じ行動を取るんだろうな。今後事あるごとに奥さんから言われ続けそう。暑い夏に涼しい気分になれる1本。

  • hiroenag
    hiroenag 0 2015年7月5日

    小さいことで騒ぐ女と、俺についてこいという感じなのに肝心な時には自分だけ逃げる男。なんとなくヒーロー物とか勧善懲悪なドラマを見て育っている我々は、こういうときは男性が守ってくれるものという「期待」があるのだと思うのですが、現実はそうじゃない。そんなことが起こったときに、さて夫婦はどうするか。あるあるネタ満載の痛いコメディ。