ペット

The Secret Life of Pets
2016年 アメリカ 91分
rating 3.3 3.3
113 46

「ペット」のあらすじ

神経質で頼りない犬のマックスは、ニューヨークで大好きな飼い主ケイティと何不自由ない生活を送っていた。ケイティが家を出ると、同じアパートに住む他のペットたちがマックスの部屋にやって来て、飼い主の恥ずかしい話を披露し合ったり、一緒に「アニマル・プラネット」を観たり、カワイイ表情の練習をしたりして一日を過ごしている。しかし、ケイティが毛むくじゃらの大型犬デュークを保護して連れて帰って来た時、マックスの完璧な生活が一変してしまう。デュークとスペースを共有するだけでなく、もっと重要なもの――ケイティの愛情も彼とシェアすることになるのだ。しかし、自分が優位に立とうと奮闘するうちに、マックスとデュークは町の中で迷子になってしまう。やがて2匹は、見た目は可愛いがクレイジーなウサギのスノーボールに遭遇。スノーボールは飼い主に捨てられた動物軍団を結成し、人間に対する復讐を企んでいた。果たしてマックスとデュークは様々なピンチを切り抜け、ケイティが帰宅するまでに無事に家に帰ることはできるのだろうか?

「ペット」のスタッフ・キャスト

「ペット」の感想・評価・ネタバレ

  • Chikuwabu
    Chikuwabu 3.5 6月9日
  • southpumpkin
    southpumpkin 2 5月6日

    ペットたちは飼い主たちがいない間何をしているのか?もしとんでもない大冒険をしていたらどうする…? 事前情報だけ聞いて「完璧に『トイストーリー』のパクリじゃないか…」と思って鑑賞に臨んだら寸分たがわずパクリでした。バズっぽい大型犬が現れたり、人間に飼われることを拒む動物が出て来たり、果てはみんなで街に繰り出し仲間を探しに行ったり…。これはもう確信犯としか言いようがない。 アニメーションのクオリティは非常に高い(引きの街並みの絵はめちゃ綺麗)のでプラマイゼロかなあ…、と思いきやテーマも大嫌いでした。ここでも『トイストーリー』を下手にパクっているのがわかります。子どもに愛されることしか存在理由のないおもちゃを、せめてそれを持っている間は大事にしよう。そんなシンプルかつ大胆なテーマであった『トイストーリー』に対して、本作はおもちゃをそっくりそのままペットに置き換えている。しかし動物はそもそも野生であり、自由に生きているほうが自然なのです。それを飼われ、人に愛されることでしか存在理由がないとはあまりにも見識が狭い気がします。ペットはおもちゃではない。もっと動物に多様な生き方を選択させてあげるべきではなかったのでしょうか。これを飼う側、つまり人間が作った映画だとするならあまりにエゴイズムが過ぎるのでは。あまり子どもに見せたい映画ではありません。

  • yuji_li
    yuji_li 2.5 5月2日

    普通に面白い

関連する記事

「ペット」に関連する作品