ファイティング・ダディ 怒りの除雪車
ファイティング・ダディ 怒りの除雪車
Kraftidioten / In Order of Disappearance
2014年製作 ノルウェー・スウェーデン・デンマーク 112分
rating 3.3 3.3
4 1

『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 4月16日

    息子を失った父が奮起。麻薬組織に復讐の鉄槌を食らわすが、事態は二転三転。 非常に珍しい唯一無二の世界観を持った映画だと思います。ノルウェーを舞台に、背景はほとんど雪。登場人物たちの独特な緩さが『ファーゴ』をイメージさせます。さらに絶対に笑ってはいけないシリアスなシーンで、むやみに笑わせにくるところも面白い。『スリー・ビルボード』や『フォックス・キャッチャー』とも重なります。チャイナマンの下りはめちゃくちゃ笑えるんですが、登場人物たちは誰一人笑っていない。子供の親権を巡って、敵ボスが元妻と大げんかするシーンなども笑っちゃいそうになる。親子、という緩いテーマも存在しており、ただの復讐劇に終始しないメッセージ性もあります。 人が死ぬとその度にまるでゲームのように墓標が立つ演出大好き。

  • cla_sta

    どことなくマッドマックスを彷彿とさせるタイトルだけど、実際は現代社会が舞台だし、おっさんが堂々と各個撃破して、最終的にマフィアに殺された息子の仇をとる映画。イーグルダイブとかしないアサクリやってる気分。主人公の死体処理方法とか、ラストシーンとか、じわじわくる一作。あと何気にブルーノ・ガンツ(総統閣下の人)出演作。

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2015年8月5日

    マフィアに息子を殺された父が怒りに燃えて復讐…って、ノルウェー版マッドマックス?但し、デスロードを進むのは除雪車。雪深い静かな街で、人知れず悪い奴らを成敗していくステラン・スカルスガルド父さん。けど、悪ボスの家庭事情とかセルビアン・マフィアとか敵方キャラの方がネタ豊富で、因果応報ドミノ倒し式に1人また1人と墓標が立つのが面白い。北欧映画らしい余白と寡黙な哀愁+初期ガイ・リッチーやコーエン兄弟を思い出す脱力感、なかなか味わい深かったす。

  • fuyu

    悪党を除雪車でグチャグチャに殺しまくってやるぜ!ヒャッハー!っていうコメディありのバイオレスと思ったら、かなりシリアスです…。 ノルウェーの白銀の景色と死亡告知が印象的でした。