天使が消えた街
天使が消えた街
The Face of an Angel
2014年製作 イギリス・イタリア・スペイン 101分 2015年9月5日上映
rating 3 3
11 8

『天使が消えた街』の感想・評価・ネタバレ

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2016年8月28日

    イタリアで実際にあった留学生殺害事件の映画化、ではなくて、映画化しようとする監督が主人公。ダンテの「神曲」をなぞりダニエル・ブリュールが煉獄シエナの街で彷徨う、ちょっとシュールでメタフィクショナルな展開だった。取材ライター、怪しげなブロガー、女子留学生らが地獄巡りの案内人となり、監督の構想や深層意識を惑わしてゆく。「神曲」のベアトリーチェは彼の会えない愛娘、そして被害者の姿で映画を導く。やはり事件の生々しさが気になるけれど、マイケル・ナイマンに似たハリー・エスコットの音楽と共に救いがある。 白黒わかりやすい結末を求められたり、先に主演女優を決められそうになったりの企画会議あるあるは、ウィンターボトム監督自身の経験かな。でも「名作はいつも恋愛(ロミオとジュリエット、カサブランカ、アニー・ホール…美女と野獣)」という指摘にニヤリ。これと同時期に、同じイタリアであの陽気な『イタリアは呼んでいる』を撮ってたなんて極端だよウィンターボトム。

  • えりこ
    えりこ 3 2016年1月13日

    イタリア・シエナを舞台にした物語。 ある女子大生殺人事件を映画化しようと、ロンドンからやってきた映画監督とそこで出会う人々との交流、事件の概要を絡めながらストーリーが進みます。 シエナには昔一回行ったことがあるのですが、雰囲気が良い田舎町です。 画面で見るシエナの雰囲気も良く、ウィンターボトム監督らしい陰鬱で退廃的な雰囲気もこの作品に合っていました。

  • wakamewatts
    wakamewatts 3 2015年11月28日

    イタリアの田舎町シエナで、英国留学生殺人事件が起きる。容疑者は、同じアパートでルームシェアしていた、アメリカ人留学生のジエシカとその彼。二人は若くて美人だったため、マスコミの注目を浴びた。決定的な証拠が無いため裁判では警察と被告人の間で戦いが続いていた。その話題に乗ろうと、映画化が企画され、トーマスに脚本と監督が任された。トーマスがシエナで取材してみると、麻薬とセックスに汚染された学生たち、マスコミの過剰な取材合戦などに巻き込まれる。やがて、この事件に関する映画化に疑問を持つ。(#15- 153)

  • hiroenag
    hiroenag 0 2015年9月7日

    この映画の見どころは、シエナの街の美しさもありますが、メラニー役を演じるカーラ・デルヴィーニュの美しさも重要かなと思いました。美しいというか、純粋というか、あの目が良い! 陰惨な事件に、美しい容疑者、そしてそれを糧に生きる魑魅魍魎たちの中にいて、彼女の存在が、ダニエル・ブリュール演じる映画監督の傷ついた心を癒やしたように思いました。ダニエル・ブリュールも、カーラ・デルヴィーニュもはまり役だったと思います。