ザ・ウォーク

The Walk
2015年 アメリカ 123分
rating 3.7 3.7
111 61

「ザ・ウォーク」のあらすじ

1974年、当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センター。 その高さ411m 地上110階の道なき空間をワイヤーロープ一本でつなぎ、命綱なしの空中闊歩にある一人の男が挑んだ。その男とはフィリップ・プティ。この伝説の男プティ役に『インセプション』で注目された若手実力派俳優、ジョセフ・ゴードン=レヴィットが演じる。 監督は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』そして『フォレスト・ガンプ/一期一会』『キャスト・アウェイ』『フライト』などで知られるアカデミー賞監督ロバート・ゼメキス。 常に〝最先端のVFX技術”を活かした映像で世界中を驚きと感動で魅了してきた監督の、本作は〝集大成”であり〝最高峰”となる迫力あるビジュアルになることは間違いない。この男の挑戦は実話であるが、なんと映像には残されていない。 まさに実話を完全映像化したといえる本作。この映像は、誰もが<100%未体験>である。なぜなら、この体験をした人間はフィリップ・プティ、世界でたった一人だけなのだから――

「ザ・ウォーク」のスタッフ・キャスト

「ザ・ウォーク」の感想・評価・ネタバレ

  • Dora
    Dora 3.5 4月23日

    主人公がすげえぶっ飛んでる。ビルとビルの間を綱渡りしたいだなんてどんな動機かと思ったら全然理解できるものではなかった。でも観ていると段々この人はイカれてるんじゃなくてすごいアツい人なのかも……?となってくる。この「?」は最後まで抜けなかったが、最後の綱渡りシーンは圧巻だったな。映画館で観たかったエンターテイメントだ。

  • Chikuwabu
    Chikuwabu 3 3月14日

    ハーーーー、、、映画館で見なくてよかった...逆に 見てたら途中で退席してたかもしれん(あまりのヒヤヒヤっぷりに) ヘリコプターとか大声出す警察とかもー、ほんとやめて... あと親友の男が良かった いやでもやっぱり映画館でみたかった

  • Kyohei_Fukuba
    Kyohei_Fukuba 4 3月2日

    緊張と興奮と感動が一度に押し寄せるとんでもない映画でした やってることは犯罪だけど100%応援したくなる偉業の前には讃えるしかない 警察が騒いだりヘリコプターが来た時には馬鹿だろこいつらと思っちゃいました そして最後の「永遠」のチケットの悲しさですよ・・・

関連する記事

「ザ・ウォーク」に関連する作品