怒り (2016)
怒り (2016)
2016年製作 日本 142分 2016年9月17日上映
rating 4.1 4.1
189 65

『怒り (2016)』の感想・評価・ネタバレ

  • Marina Sakai
    Marina Sakai 4 2月20日

    胸糞だけど演技力に拍手

  • だ

    「本当に大切なものは、増えてくんじゃなくて、減ってくんだ」 信じてもダメ、信じなくてもダメ、絶望が絶望を生む、手に汗握る映画だった。 すごくどす黒くて、宮崎あおい、妻夫木聡、の絶望は心をえぐられた…森山未來、渡辺謙にならんで、広瀬すずも、演技派の仲間入り感

  • ごとー
    ごとー 0 2017年12月6日

    2017/12/04 宮崎あおいすごかった。全然いつもと違う。というかこの映画にすごくない人がいなかった。 久しぶりにすごい面白い邦画にあった気がする。

  • Masahiro.
    Masahiro. 4 2017年11月14日

    キツい映画。もし自分に子供がいたらあまり見てほしくないかも。。 でもとてもよく作られていて、緊張感もすごく2回連続で見てしまった。

  • TM

    キャスト豪華で演技も迫力があるんだけど、話は全然よく分からなかった( ˙-˙ )

  • タモさん
    タモさん 4 2017年8月12日

    なんだかわからないけど、とにかく怖い。

  • さくら
    さくら 4 2017年8月7日

    疲れた...一瞬も目が離せなかった。境遇から作り上げられる価値観、疑惑に囚われ日常がゆっくりと崩れていく様子、犯人がわかるまでの緊張感。一度疑ってしまった愛するひとを信じることの難しさと、そのせいでかけがえのないものを失う絶望感。私だったら、誰を信じ抜くことができるのだろうか。感情があちこちから滝のように流れ込んできてくらくらした。再生で終わったから、少し救われた気分。やっとちゃんと呼吸できる。

  • Shoichi Hiraki
    Shoichi Hiraki 3 2017年7月9日

    2017/06/25

  • sr

    人を好きになることは、間違いなんてない、ということを気付かせてくれる作品。 たくさんの想いが交差する、 サスペンス&ヒューマンドラマ。

  • zume

    本当に大切なものは増えるんじゃなくて、減ってくんだ。

  • Hitomi

    人を信じる難しさが良く描けている。考えさせられるしすごく良い作品。

  • Daiki Kinoshita
    Daiki Kinoshita 4 2017年5月5日

    演技力、演出力、脚本力、 全体的に力強くて好きでした。

  • Tsubasa Kawano
    Tsubasa Kawano 5 2017年4月23日

    心がどうしようもなく痛くなった。物凄く泣いた。3場面で進行し、犯人は誰なのかという巧みなストーリーと、愛する人を疑ってしまう心の揺らぎ。宮崎あおいちゃんのあの泣き方は、日本の宝だと思った。

  • Aki

    ある住宅街で起きた残忍な殺陣事件。犯人は行方不明であり、整形をして逃亡している。舞台は3つに別れ、それぞれの物語が描かれる。その3つの舞台で、素性がわからない男、松山ケンイチ、森山未來、綾野剛が現れるが、それ対し、それぞれ周囲の人間が疑いを持ち始めるという物語。様々な愛と葛藤があり、物語の中核である「怒り」に対して様々な種類の「怒り」が表現されている。信じる事は非常に難しいし、時に悲しみや怒りを伴うものである。

  • S_Kyawai
    S_Kyawai 3 2017年4月10日

    予告を見た感じでは、もっと暴力的な作品をイメージしていたけど、 驚くほど静かで、ジワジワとグツグツと煮込まれるようなフラストレーション。 だからこその時折露になるどうしようもない衝動や慟哭が心に刺さる。

  • Minori

    観客が短時間で、且つ強く感情移入をする(”怒り”を感じる)ように、分かりやすく描きすぎてたところが少し残念だった それでも原作が、世の中のどうにもならなくて、でもそれを言葉に表現したりするようなことが出来ないことを、人を信じるというすごく難しいテーマを通して描いてるから、話の内容自体はとても染みる やっぱり本と映画は別物とどうしても割り切れないから、原作読んだあとに映画は見ちゃいけないと感じたし、この作品の場合は映像化することでかなりしんどく感じるシーンがあって尾をひく

  • takiaibo
    takiaibo 4 2017年4月6日

    俳優陣のパワーある演技がよかった。見る側もエネルギーを使う作品。原作も読んで見たい。肝心の犯人の人間性が常軌を異しているという捉え方でいいのか今ひとつよくわからなかった。

  • ももか
    ももか 4 2017年1月4日

    加工するまえの写真みたいな。そういうのがうまく表現された映画だったなって。谷川俊太郎の詩をおもいだした。それから日本人の視点からは描けないあくまで客観的な視点からのモンダイとヒトたち。子どもと大人の真ん中だからいえる素直なことばもたくさんあった。それは昔の話じゃないしナウな話だし。だからこそ余計にうっとなった。もっと考えるべきかな。だれかをおもうことは大変なことだな。誰かに感情をむけられること、それを受け入れること それはくるしい、それからさびしいと私は感じる

  • 福庭恭平
    福庭恭平 4 2016年11月15日

    見た当初いろいろ書き込んだつもりだったけど書けてなかったことに今気付いた 妻夫木聡が演技すごすぎて好きになりました

  • Mao Shida
    Mao Shida 4 2016年11月14日

    2016/11/13 ユナイテッドシネマ