ヒトラーの忘れもの

ヒトラーの忘れもの

Under Sandet
2015年製作 デンマーク・ドイツ 106分 2016年12月17日上映
rating 4.2 4.2
17 17

『ヒトラーの忘れもの』のスタッフ・キャスト

『ヒトラーの忘れもの』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2019年12月31日

    ナチスドイツによってポーランドに埋められた地雷を、ポーランド軍に囚われたドイツ人少年捕虜が撤去作業をさせられる。 ドイツ軍を憎みに憎んだポーランド軍の鬼軍曹がドイツ人捕虜たちとの心の交流をする。故郷に帰りたくとも次々と爆死していく若者に同情するのだ。しかし目の前の現実は厳しい。軍曹はほとんどその表情を変えないが、目にはしっかりと悲しみが浮かんでいるのだ。みんなで休日にスポーツをするシーンはその後の展開も含めて衝撃的なのでしかと観ていてほしい。常に映画が我々の先をリードしていく。限られた舞台と限られた登場人物で展開される映画は古典ともいわれるべき名作だと感じた。

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2017年12月6日

    …何が「忘れもの」だよ!とヌルすぎる邦題に怒りが湧きそうなほど、ガチにシビアな実話を元にした映画。冒頭から暴力描写が容赦ないが、更に身構えるような地獄絵図が。とはいえ、次にどうなるのか予断を許さない緊張感と共に、イノセントな少年ドイツ兵たちの悲劇を重層的に物語る。矛盾に引き裂かれるデンマーク人将校の生々しくエモーショナルな視点は、強面ローランド・ムーラーが素晴らしい説得力。少年たちのキャラクターもバランス良く描かれつつ、あくまで抑制が効いている。憎み憎まれる立場と、守り守られる立場の究極的なアンビバレント。ジャッジメントは出来ないが、このような状況を生んだ戦争そのものの理不尽さが際立つ。次々と地雷の犠牲となるシーンがあまりに心臓に悪いので、エンドロールの最後がせめてもの救い。

  • しょうちゃん
    しょうちゃん 4 2017年11月5日

    第2次大戦直後のデンマークで、 同国に残されたドイツ人少年兵たちが、 ナチスが埋めた地雷の除去作業を強制させられていた、 という知られざる残酷な史実を映画化した衝撃のドラマ。 残酷な真実を映画を通して初めて知りました。 「ヒトラーの忘れもの」という邦題からでは何を忘れたのかな?って 感じで映画の内容とギャップを感じます。 いい忘れものでもなくそれは200万個以上にのぼる地雷。 ドイツ軍が埋めた無数の地雷を除去するために集められたのが、 捕虜のドイツ人少年兵11名。 除去完了後に故郷に帰る日を夢見て過酷な任務に取り組む。 手で砂をかき分ける一触即発の地雷除去シーンはスリルでドキドキします。 美しい浜辺で繰り広げられる残酷な出来事の対象が描かれる。 ラスムスン軍曹が重大な決断を下し、 救いようのない終わり方ではないラストシーンは印象的。 デンマークの美しい海岸の映像美も必見。

『ヒトラーの忘れもの』に関連する作品