ヴィクトリア
ヴィクトリア
Victoria
2015年製作 ドイツ 138分 2016年5月7日上映
rating 3.2 3.2
12 13

『ヴィクトリア』の感想・評価・ネタバレ

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2017年11月6日

    深夜から夜明けまでのベルリン、スペイン人女性ヴィクトリアを1カット&リアルタイムで追う。地元男たちに誘われ、何となくついて行くヴィクトリア。しばらくグダグダと時間を過ごすだけだが、観てて不安になる。やがてまるでほろ苦い青春映画みたいになったかと思えば、その後ヤバい事態に巻き込まれ…ああだから言わんこっちゃない。何か起きそうだったり何も起きなかったり、敢えて油断や弛緩を取り混ぜてあり、全編が密着スタイルでその場に居合わせた感覚。狭い車内でもノーカットでカメラが回り続ける辺り、どうやって撮影してるんだろ。しかも言葉もわからない異国で、見知らぬ男共と夜の街を駆けずり回るから緊張感が続く。というか、一発撮りでミスが許されないだろうって意味でも緊張するし、ほぼ出ずっぱりな役者の体力がすごい(ここで休憩してるのかな?と思われるシーンはある)。 正直、物語はここまでドラマティックにしなくても…という気がするけど、気合と迫力でやったもん勝ちというか、ただもうお疲れ様でした!と。

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2016年12月21日

    クラブで出会った男について行った女がどんどんヤバい展開に巻き込まれていきます。 舞台だと当然140分間カットがかからずともおかしくないのですが、それが映画だと話は別。カメラという媒介を通しているために舞台は常に動き続けます。どれほどのカメラテストを繰り返して撮影されたのか考えると気が遠くなります。一度ミスが起これば最初からやり直しになる。そんな"不可逆"な完全長回し映画(これは『ロープ』『バードマン』を除いています)で描かれるのが、とある少女の"不可逆"な一夜なのです。映画と撮影手法が驚くほどマッチしています。見事な企画です。ドイツにやって来た女が始めた三ヶ月のあまりに低刺激な毎日は唐突に終わりを迎えます。一時の判断で彼女の人生は大きく転換されてしまいました。しかし、彼女にとってそれが悪いとも言えません。夢破れた女は三ヶ月友達もできず、異国の地ドイツでなんとかして寂しさを埋めようとする。そんな何者でもなかった彼女は、一夜にして何者かになります。彼女の幸せを祈ることができるラストはそれほどバッドエンドではありません。 ワンカットのクオリティは『バードマン』や小品『ザ・トライブ』またはハネケ作品には遠く及びません。なんとか無理やりついて行くシーンも多くあったように感じられました。ただこの作品の意欲は無視できないものがあります。

  • 錆犬

    2016/07/08 名古屋シネマテーク

  • Junichi  Nakamura
    Junichi Nakamura 0 2016年6月4日

    20160602 JB

  • Ryosuke Ohba
    Ryosuke Ohba 4 2016年6月3日

    140分長回しというのはどう考えても凄いので、その点についてはあえて触れません。その点を差し引いたらどうかということを考えてみたいと思います。 正直、長回し加点がなければ、それほど凄い映画とは言えないと思います。長回しありきですし、長回しにするロジックもあるので、フェアな視点とは言えないかもしれませんが。 映画のレビューを書く時に考えるのは、年に1本くらいしか映画を観ない人に勧められるかなということ。もちろん、それだけではありませんが、映画好きを増やしたいと日々思っているので、その点は割と重視しています。 そういった視点に立った時に、本作『ヴィクトリア』はおすすめできません。黙って『ズートピア』勧めます。 140分長回しと聞いていてもたってもいられなくなるような映画ファンの方は観に行ってもいいと思います。 なんちゃって映画ファンの私は、凄さは認めつつも、残念ながら是非とももう一度観たいとはなりませんでした。

  • mazda

    ヴィクトリアというスペインからドイツにやってきた女の子が、安易な気持ちと知り合って一時間もしない軽い友達によって、最悪の朝を迎えるまでを140分間ワンカットで追い続ける映画。 この映画は最悪の出逢いの前から始まり、そして最悪の朝を迎え、彼女がその後どうなったかわからないまま終わる。彼女が1つの決断をし、そこで140分間追い続けたカメラの足がようやく止まる。 ワンカットで撮ってることで私たちは彼女達と行動を共にしてるような近い目線でこの映画をみる。出逢うところから見ていたからなおさら、何度も何度もこの出逢いに後悔する、あの時やめていれば、ってこうしていたらっていう別の選択を想像する。 たった2時間で彼女のドイツでスタートさせる生活は台無しになり、たった2時間で彼女は大きく道を踏み外した。普通に考えれば、クラブで知り合ったようないかにもやばそうな人間の危機に助けようとは思わない。そこに何か危険を感じた時、やばいことに足を突っ込みたくないって考えが普通は先に来る。じゃあヴィクトリアは彼等がやばい人間だと気づかなかったかといわれるとそういうわけではない。 今まで友達という友達もいなくて、やりたかった夢もあきらめて、知らない環境で1人これからスタートさせるという状況で、現実から目をそらしたかった、何も考えずバカになりたかった。その描写は少ないけど今までの自分の生き方に後悔をしていたようにみえる。新しい環境で新しい私になりたかった。そう思った時、難しいことは考えず目の前にあることに対して直感で進もうって何にも考えず楽になりたくなって、それが結果として安易な考え方なんだけど、孤独と不安でいっぱいな彼女にとってはそれがすごく楽な選択だったんだろう。 危機に巻き込まれてからの彼女は意外にも恐れを感じてる描写が少なくて、なんかこの直感にかけてみたいっていうのがすごく伝わってくる。彼女がちゃんと今の自分の状況の恐ろしさに気付けるのはラストシーンだけだったと思う。140分の終わりにして、初めて安易な考えと感覚的行動に危機感を感じる。その結果の決断。うまくいったのかはわからないけど。まるで夢から覚めたみたいに逃げるようにその場を立ち去っていて、140分彼女は悪夢を見ていたんだと思う。1人で頑張らなきゃいけないっていう不安が大きくなればなるほど、誤った道にいきやすい。バカなことをしているその瞬間だけはドラッグみたいに心地よい気楽さを感じるんだろう。 『バードマン』がすごいはまれた私には140分間ワンカットっていう宣伝にすごく魅了させられたんだけど『バードマン』とはまた全然違う長回し。長回しの映画って観ていて疲れるけど私にとってはのめり込む要素の1つだと思った。ただこればかりはセンスの差なのかな。素人でもわかるクオリティの差、衣装や照明、時間が長回しの中で変わるのってどれだけ大変なことかとつきつけられるバードマンは作品以前に製作陣のすごさに感動するんだけど、本作はヴィクトリアを追い続けるための長回しだから感じるものの量が違いすぎたかな。 作中ではあまり描かれない彼女の孤独感に気付けた人意外とけっこういると思って上京してきたばかりの人とかにぜひみてほしい。彼女の行動は間違いだったけどその意図に気づければ彼女のことを否定できないだろう。きらいじゃないタイプの映画。

  • shingo_n66
    shingo_n66 0 2016年5月6日

    見事なまでに全員アホ でもほんとリアルな若いヨーロピアンて感じ