リップヴァンウィンクルの花嫁
リップヴァンウィンクルの花嫁
2016年製作 日本 180分 2016年3月26日上映
rating 4 4
81 48

『リップヴァンウィンクルの花嫁』の感想・評価・ネタバレ

  • iii_beta
    iii_beta 5 2018年4月16日
  • やじろべえ
    やじろべえ 3 2017年11月6日

    黒木華さん、びっくりするくらい、色っぽい。エッチな感じでなく、女を感じさせる色っぽさが、すごい。 けど、間延びするシーンが多いような、長すぎるやような…

  • merc.

    岩井監督やっぱり変態だなあ、と。 黒木華にメイド服着せたり3P言わせたり。 綾野剛の「怪演」、すごく気持ち悪くて良かった。

  • nuu_pii_
    nuu_pii_ 3 2017年7月8日

    儚くて切なくて美しい 岩井俊二らしさ全開の作品 黒木華ちゃんが蒼井優ちゃんに 似た雰囲気を持っているからか 内容は全然違うんだけれども、どこか 『花とアリス』を彷彿させるような感じ 黒木華、綾野剛、Cocco この3人の演技がすごく良くて 役柄にぴったりハマっていて 3時間とゆう長い尺だったけど 飽きずに見れた でも、やっぱり3時間は長い 笑

  • じぇしか
    じぇしか 3 2017年6月19日

    痛々しかった りりィさんのインパクト

  • takiaibo
    takiaibo 3 2017年4月16日

    作りすぎてない自然な描写がここちよい映画だが3時間は長かった。何となく時の流れに身を任せて生きてると人に騙されておもりもよらない方向に人生が傾いていく、しかし例え人に騙されていたとしてもそれに気がつくことなく受け入れることをやめなければそれはそれで幸せな人生なのかもしれない。

  • uiioop

    曖昧のまま通り過ぎすぎてしまうことの恐ろしさを感じた。もう止まらない、怖い!黒木華はこういうピュアな役やってほしい!たまらなかった!

  • 保津稔
    保津稔 4 2017年3月11日

    すごい。まさに現代のおとぎ話。「普通の幸せ」の欺瞞に満ちた現代社会を生き抜くために必要な「本当の幸せ」を気づかせてくれる。リップヴァンウィンクル、ガンダム、銀河鉄道の夜の概要だけでも頭に入れておくと吉。

  • まつり
    まつり 2 2017年2月8日
  • つぐみ
    つぐみ 0 2017年1月28日

    結婚式のウェディングドレスよりも、2人ぼっちのお屋敷でのウェディングドレスの方が魅力的に見えてしまった。

  • とし

    岩井俊二らしい撮り方だな。3時間という長さにもかかわらずいろんな要素が含まれていて飽きないし騙されて落ちていくけど絶望だけでは終わらない。幸薄い役柄に黒木華はピッタリだった。世の中のほとんどの人はちょっとした事であっという間に人生が崩壊してしまうという恐ろしさと同時にずっと持っていたい人を信じる心。

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2016年11月11日

    岩井俊二監督のネクストミューズとして選ばれた黒木華がこれでもかと岩井俊二ワールドにハマった作品。蒼井優からハツラツさをごっそり抜き去ったような雰囲気でどこにでもいそうな20代の女性を演じています。 なんとなく出会った男とそのまま結婚してミスった女が、どん底に落ちた後でいわゆる岩井俊二的青春と幸せに出会うお話。前半は現代社会の闇に吸い込まれていく女が描かれますが、映画のテーマはそこではありません。騙されやすい少女がそのまま成長したような女にでも得られる幸せはどこにでも転がっているということです。 ここで黒木華が非常に良い働きをします。幸の薄い20代女性を演じさせたら右に出る者はいないでしょう。そんな女が後半からキラキラと輝きだします。その無垢な笑顔にこの映画のテーマが垣間見える。つまり黒木華が素敵だなあ、と思うことこそがこの映画のテーマの言いかえなのです。これはまさに『花とアリス』でやったことと同じ。これはもうほとんど『花とアリス』の続編、大人編でよいと思います。 さすが大人編、岩井俊二らしくないAVの話が出てきますが、これが全然いやらしく聞こえない。黒木華が「3P!」と言うシーンもあるのですが、どこか愛らしさすら感じるのです。黒木華に「3P!」と言わせる天才、岩井俊二の過去作品をもうちょっと観たくなってきました。

  • Nana

    出演者の演技力の高さと、ストーリーがあって良かった。あっという間に時間が過ぎた映画は久しぶりだったような。 こんな出来事がこの世界のどこかで起きてるんじゃないか、と思わされる。SNS、離婚、怪しい仕事、片隅にあるんじゃないかなって。日常に起こりそうなことだと思えた。 演者の演技が自然体だから目が離せない、最後まで飽きない映画だった。

  • traumereiii
    traumereiii 4 2016年11月5日

    岩井俊二さんのダークな方の作品だときいてワクワクしながら観ました。 が、ピクニックやリリィ・シュシュのすべてほど…ではなかったです。 主人公の七海がネットで出会った男と結婚して離婚するまでのくだりが一番面白いです。 真白がAV女優だというのは正直あまりピンとこないかな…何と言ってもCoccoさんのイメージ強すぎなので。あの痩せ方で末期がんは納得いきますが。それにしてもCoccoさんは一体いくつなんだ…。 そして安室行枡…ほんとネーミングふざけてて笑いました。 しかし、綾野剛さんの流れるような台詞は引き込まれますね。あんなセールストークされたら負ける。 しかし、とても恐ろしい人でした。笑顔で平気に嘘もつける感じ。ラストの涙は本気でしょうか?あれも仕事なんじゃないかと思ってしまう。 全体的にちょっと長いです。

  • ◇○**

    あっという間の3時間。夜中から見始めたらすっかり朝になってた。 岩井監督らしい淡く美しくしかし不条理な世界観に黒木華ちゃんが最高にマッチしてた。

  • Sensyu

    @柏キネマ旬報シアター 東京で女性が一人で生きていくこと。楽しさと厳しさ。優しさと残酷さ。自由さと自立していくこと。 岩井俊二監督がなぜこのテーマを選んだのかが知りたい。

  • めぐみ
    めぐみ 3 2016年10月10日

    黒木華とCoccoの演技がすごかった。綾野剛も。 いや、出てきた役者さん皆素晴らしい演技でした。 結婚式のサクラアルバイトの偽物家族の演技にも感動ものでした。 ストーリーは3時間という長さなのに、内容に引き込まれてしまいあっという間です。 主人公の流されるままで助けられてばかりの姿に苛つきもありつつ応援したくなるキャラクター。 とにかく不幸なのに救いの手もあり(主に綾野剛)、オチもなんだかんだモヤモヤしますがこれで良かったのかなという感想がもてたりと、私の好きな終わり方の映画でした。

  • furu02

    不思議な世界観の作品。 3時間あったので見応えあった。 黒木華がかわいい。

  • …

    黒木華のPVみたい。 とにかく黒木華が可愛くて綺麗で 惹き込まれる存在感がありました。 自分の意志がない、 時間の流れにだけ身を任せていた彼女。 これでいいのか、とか これは何故か、とか そういうことは考えない。 でもなんだろう、 知らなくていいこと 考えなくていいことがきっとあって でもそれを幸せと捉えるかどうかは その人次第なのかもしれない。 Coccoが女優でびっくりした。

  • Aki

    久々岩井俊二。 淡い優しい雰囲気の映像。 Coccoがハマリ役。 そして黒木華の演技力に脱帽。 ストーリー展開が面白く、3時間という長さなのに見入っていた。 けれど、観終わってみるとなんかモヤモヤ。 結局不幸なのは誰?という考えがぐるぐるしてなんとも後味悪い気持ちになりました。 とりあえず、中盤から舞台となるお屋敷、よく知っている場所だったのでとても驚いた。