マネー・ショート 華麗なる大逆転
マネー・ショート 華麗なる大逆転
The Big Short
2015年製作 アメリカ 130分 2016年3月4日上映
rating 3.3 3.3
138 57

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』の感想・評価・ネタバレ

  • Koichiro Uematsu
    Koichiro Uematsu 3 2017年9月20日

    リーマンショックってなんやっけな?と思ったときに見たら急にトレーダーになりたくなる映画。

  • Alien

    もう少し勉強してから見れば面白いし内容を深く理解できると思う。勉強してもう一度みたい!

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2017年9月5日

    リーマンショックを予知し、安全と思われていた住宅ローンの崩壊に掛けた人たちの群像劇。 実は僕の勤める会社もコレに大打撃を受けたらしく…、にも関わらず金融経済に大変疎い僕でもこの映画を楽しめました。非常に巧妙で趣深い映画だと思います。 「金融屋は専門用語で塗り固めるのが好きだ」これは映画内のセリフですが、この映画自体も専門用語で塗り固められています。しかしそれらが分からずとも、全くのゼロの知識で望んでも十分に楽しむことができる。主人公たち崩壊を予知した者が、予知できていない銀行に対して崩壊の原理を熱弁するためダイレクトに頭に入ってきます。大学の講義よりも、NHKの番組よりも、何よりもわかり易いのではないでしょうか。 「華麗なる大逆転」という邦題から、日陰者が莫大な富を築くことで得られるカタルシスを想像していました。しかし残念ながら違う。そういう映画じゃないのです。初めにこの展開を述べたのはブラピです。莫大な富を築くことを確信し舞い上がる男たちに「アメリカの崩壊に掛けることは、同時に人々が不幸になることに掛けることだ」と。徐々にそのことに気づいていく主人公たちは、最後しんみりします。莫大な金を抱えながら…。「華麗なる大逆転」はトンチンカンな邦題ですが、トンチンカンすぎてミスリードになっています。むしろこの邦題によって個人的にはどんでん返しが起き、さらにテーマが鮮明になりました。

  • はっすぃー
    はっすぃー 3 2017年6月29日

    専門知識がかなり豊富にある人は楽しめたのかもしれない

  • Kochinchan
    Kochinchan 3 2017年4月9日

    う〜ん まあまあかな。 英語で観たらむずすぎてむずすぎて。

  • けんしろー
    けんしろー 4 2017年2月12日

    2008年に起きたリーマンショック時の実話 金融トレーダーのマイケルが2005年に返済見込みの少ない住宅ローン(サブプライムローン)が数年以内に債務不履行に陥る事に気づく 周りは全く相手にされないのだが・・・ 昨年から経済の勉強をし始め用語などまだわからない所があったが だいたい分かりました。 映画としてはシーン変わりや時代の進む演出を写真で振り返るところなど印象的でした。 またスターが説明する演出はわかりやすかった。 台詞の中に観客に話しかけるところにリアル感を感じる。 ラストでマイケルが水に今でも投資している事が ものすごく不安になる。 海に囲まれている日本だからといっても今後の世界がすごく心配。 常に情報を更新して未来を見据えていかなければいけないと感じた。

  • ひら

    2016/10/06

  • Keeper

    score 90/100 これを金融映画だと思って観てる人はもう一度観てほしい。この映画の本質は金融危機の話ではない。

  • syn490

    なかなか上位にくる面白さ! 久しぶりに心躍る作品に出会った。 劇中劇のように挟まれる金融用語解説が楽しい!

  • maki

    難しいけど 展開早いし、理解できたら おもしろかった◎ ライアンゴズリング老けたけどやっぱり好きだな〜

  • とし

    金融に詳しかったり興味がある人は楽しめる。サブプライムローンやリーマンショックの裏側でそんな攻防があったんだと知らない事ばかりだった。経済は生き物なので自分が思うようには動いてくれないがいち早く破綻を予想する先読みをしてた人は周りの雰囲気に流されず冷静に判断できていたのだからすごいな。バブルのように実態のないものは怖いし踊らされて知らずに家を失ったたくさんの人達がいるのは切ない。

  • HANAE

    痛快に大金をゲットするアメリカンドリーム的な映画かと思いきや、全然違いました。私の経済知識が乏しいがゆえ、この評価。

  • わい

    劇場にて。面白かったけど私にはちょっと難しくて細部が理解できず。。笑 ちゃんと勉強してからもう一度みたい。

  • YU66 RAMONE
    YU66 RAMONE 2 2016年4月20日

    アメリカのリーマンショックについて、恥ずかしい程無知だったので少しだけ知識を入れてから鑑賞。 それでも難しかったですが、ストーリーのテンポや補足が好感を持てました。 ヘビメタ好きのクリスチャンスレーターも笑いました。

  • Yuk@

    口コミで すこし経済用語を勉強していったほうがいいというのがあったので なんとなくストーリーを頭に入れていったけど、甘かった・・・笑 経済用語が想像をはるかに上回る難しさ。 ぜんぜん、わからない。 序盤で、眠気に襲われるという大失態。笑 わからないけど、わかった振りで なんとか持ち直して 途中から、ぐっと面白くなって引き込まれて最後まで鑑賞。 ウルフオブウォールストリートのような 痛快に金儲けしてやったぜ!!!となる映画を想像してたけど ポップだったり、軽めな映画では決して無くて 実際は残酷な経済を語った重苦しい内容。

  • m_saito

    わーーーーーん話題作だ!と飛びついたら無学な私には難しかったよおおおお(´;ω;`) あとあらすじで大体物語終わってた………あと副題で盛大にネタバレしてた…………

  • ブルーガール
    ブルーガール 3 2016年4月12日

    ブラピのキャラクターがイカす。 内容は一応予習していたのでおおよそ理解できました。 逆に予習なしの金融知識皆無の人には難しいかも。 主演陣よりも欲にまみれた金融マンたちのニタニタ顔の方が印象に残ってる(汗

  • たねだ
    たねだ 3 2016年4月9日

    勉強にはなるしかっこいいとは思うけど映画として面白いとはあまりいえないかな。

  • mazda

    2008年アメリカ、経済破綻によるリーマンショックの嵐が起こることをずっと前から予測していた4人の、事態が起きるまでにフォーカスした実話。 難しいと一部で騒がれてる本作、きちんと見ていれば、ストーリー自体はわかるようにはなっていた。ただ経済用語を連発されるせいでシーンごとに用語を説明してくれるにしろ全て略語ででてくるせいで、終始これはなんだっけ?みたいなきもちで見ていた。わからなくはないけど、用語を知っていればこの映画の面白さそのものが変わるだろうなというのが1回目の率直な感想。 ていうわけで、用語を予習してから再リベンジした本作。笑 さらに今度は、どこが難しいんだよといわんばかりのこの手の話に強い家族と一緒に鑑賞したことにより1回目以上に楽しむことができました。。笑 ジェンガみたいに絶妙なバランスを保ちながらぐんぐん儲ける住宅市場。ジェンガはいつか崩れるもの。人間のすることに絶対なんてない。 お金って本当に怖いし残酷だと思う。結局どの人もお客のために売っているという以上に自分のために稼いでる が上に来るせいでもし失敗したらなんて考えない。儲かったらさらに儲かることを考える。ドヤ顔で易々と儲ける人々が、すごく残念というかとてつもなく醜かった、、でもこれが人間だと感じた。。 映画の最初にでてきた『知らないことが問題ではない、知らないのに知ってると思い込むことが問題だ』っていう言葉がすごく印象的だった。自分たちのやっていることが、仕事が生活が、どれだけ危機にせまっていても疑いだってしない。絶対に落ちることはないと経済の仕組みをわかりきってるような自信で言う、その構えが原因の1つだったんじゃないのって思う。 これサブタイトルが「華麗なる大逆転」ってよくないと思うな。何も知らずにいたって普通に仕事をしていた人でさえ職を失う事態になったのに、必要な気づきだったし、気づいた彼等を疑っていた人からすれば大逆転って感じかもしれないけど、路頭に迷う人たちがたくさんいた中で華麗なるって表現はよくないと思ったな。 ところどころにはいる料理やポーカーでの例え話がすごくわかりやすくてよかった。傷んできた魚もシチューの中にいれちゃえばOK!みたいに売れなくなったものも混ぜてしまえばこちらにはわからないって仕組み。えげつな、って思って笑っちゃったけどそうやって経営が成り立っていたりする現実。でもお店の事情、会社の事情はお客様には関係ない。どうせわからないでしょって思ってやってしまうことが相手をなめた行為だって思う。こんなバランスであといくつの会社が成り立ってるのかなって思わず考える。ちゃんと理解して見てよかった。

  • きゃらほー
    きゃらほー 3 2016年3月29日

    知識があればより楽しめる。 サブプライムローン問題を通してアメリカ経済の裏側を見た気がする