君の名は。
君の名は。
2016年製作 日本 107分 2016年8月26日上映
rating 4 4
565 54

『君の名は。』のsouthpumpkinの感想・評価・ネタバレ

southpumpkin
southpumpkin 4 2016年9月18日

話題沸騰中本作ですが、内容を察するに一人で観に行くには忍びなく、しかし周りの反応が良いので満を持して鑑賞に臨みました。 ある日目が覚めたら知らない男女が入れ替わってた!という昔からある所謂入れ替わりもの再構築に挑戦した映画と言えます。昔からある、について言い換えれば「深夜アニメ」です。それはストーリーそのもの(魅力的な異性と体を入れ替えたいという欲求)やテンポ、挿入歌(キャラクターが喋っているのに裏で歌詞の付いた歌が流れる)に至るまで、深夜アニメの影響を無視できません。サブカルチャーのポジションであった深夜アニメが映画アニメという、ジブリなどが培ってきたメインカルチャーに殴り込んできた印象です。本作に違和感がある人は深夜アニメへの親しみが浅いのではないでしょうか。僕もそれほどある方ではないのでやや違和感がありました。例えば組紐の件などは映画にしては優しいほどに何度も説明しているような気がします。映画としてはやや易しすぎるのも本作が映画アニメではなく、深夜アニメからの流れを汲んでいることの裏付けだと考えます。 起きたらすぐに忘れる夢、誰もが経験しうるそ不思議体験である忘却の過程にファンタジーと青春をこれでもかと詰め込んでいます。そんなまったく悪くないストーリーに最高の映像美が付加されています。これは映画館で観る価値が大いにあります。実は新海誠作品初鑑賞なのですが、とてもびっくりしました。星のきらめき、木々の揺らめき、特に水や雨の表現なんかは素晴らしいの一言。