アイアムアヒーロー

2016年 日本 126分
rating 3.5 3.5
128 22

「アイアムアヒーロー」のあらすじ

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。 そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる。徹夜仕事を終えアパートに戻った英­雄の目に映ったのは、彼女の異形の姿だった。一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変え­て行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体ZQN(ゾキュン)で街は溢れ、日­本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に­向かう英雄。その道中で出会った女子高生・比呂美(有村架純)と元看護師・ヤブ(長澤­まさみ)と共に生き残りをかえた極限のサバイバルが始まる。果たして彼らは、この変わ­り果てた日本で生き延びることが出来るのか。そして、英雄は、ただの英雄(ひでお)か­ら本当の英雄(ヒーロー)になれるのか!?

「アイアムアヒーロー」のスタッフ・キャスト

「アイアムアヒーロー」の感想・評価・ネタバレ

  • ryoc_tea
    ryoc_tea 3.5 9月24日

    だいぶ漫画に近い。衝撃的。終わり方が途中すぎるので続編でないかな

  • theskinheads
    theskinheads 3.5 9月11日

    邦画でのゾンビ映画はないわけではないが、アメリカのように銃を持っている人はほとんどいないし、なんといっても人口密度が違う。だから難しいものだと思うが、それを逆手にとって、銃を持っている主人公が映える。 原作コミックスのファンなので、ちょっと敬遠してたところもあったが、単純にゾンビ映画として楽しめた。やっぱりストーリーやキャラクターの設定が違かったりもあったのだけど。 動くZQNの気味の悪さは漫画を超えていたが、少しずつ崩れていく社会を演出していた漫画の要素は大きく欠けていて、例えば富士山に行くところでも原作だと富士山に集まった人々が徐々に感染していく光景の怖さなどは映画で描かれなかったのが残念。 これも仕方のないことかもしれないが、女優を立たせるような正直余分なシーンも多くもっと端的にまとめても良かったと思う。 全国で劇場公開される映画のわりにはかなり攻めたグロテスクなシーンは満足。夕飯を食べながら観たので、おかげさまで牛丼は不味く感じられた。 かなりショッキングな映像が続くので、グロいのが苦手な人にはキツイかも。

  • saku1saku1
    saku1saku1 4.5 9月10日

    面白い、手に汗握りしめちゃった。 ストリートはともかく、原作も半端な処だったし、話の1シーンを切り取って楽しむのもありかなぁ。 俺的には大泉さん好きだし、まさみさんとかすみちゃんを並べて観れただけでも満足でした〜

関連する記事

「アイアムアヒーロー」に関連する作品