母よ、

母よ、

Mia madre
2015年 イタリア・フランス 107分
2016年03月12日
rating 4.0 4.0

あらすじ

映画監督のマルゲリータ(マルゲリータ・ブイ)は、様々な問題を一度に抱えてしまった。新作の撮影を開始したが、思うような映像が撮れない。さらに、離婚した夫との娘リヴィアは反抗期に突入していた。しかし、何と言っても一番心配なのは、入院中の母のアーダ(ジュリア・ラッツァリーニ)のことだ。兄のジョヴァンニ(ナンニ・モレッティ)が手作りの料理を差し入れたが、見舞いに駆けつけたマルゲリータに母は、家に帰りたいと嘆く。 マルゲリータとジョヴァンニは、医師から母の病状は重いと説明される。ジョヴァンニは静かに受け入れるが、マルゲリータは混乱してしまう。主役を演じるアメリカ人俳優バリー(ジョン・タトゥーロ)が到着するが、冗談なのかシリアスかわからない発言で周囲を煙に巻く。歓迎のディナーで酒を飲むとハイテンションで深夜まで騒ぎ、マルゲリータは早くも撮影の無事を危ぶむ。 病状が進行して呼吸困難に陥った母は、集中治療室に入ることになる。気管を切開して声を出せない母を、リヴィアが退院してラテン語を教えてくれるのを待っていると励ますマルゲリータ。看護師にあと5分ですと追い立てられると、母はノートに「あなたがいるのが一番の治療なのに」と書いて微笑む。 バリーは絶不調で、食堂のシーンでは何度も台詞を忘れ、挙句の果てに、脚本のせいにする。マルゲリータも負けずに言い返し、それぞれの鬱憤をぶつけるように、二人は激しく罵り合う。重い気持ちを抱えたまま病室へ戻ったマルゲリータは、今度はたったの数歩も歩けない母を怒鳴りつけ、母の胸で泣きじゃくってしまう。 マルゲリータは、家にバリーを招待する。手料理でもてなすジョヴァンニと、笑顔のリヴィアが作ってくれた和やかな空気のなか、バリーはさり気なく自分が人の顔を覚えられない病気だと打ち明ける。仲直りの乾杯にワイングラスを掲げる二人。マルゲリータとジョヴァンニは、医師から母が余命わずかだと宣告され、何の助けにもなれないマルゲリータ。やがて心を落ち着け、選んだ道とは──。