相棒 劇場版 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン

相棒 劇場版 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン

2008年製作 日本 117分 2008年5月1日上映
rating 3.4 3.4
80 0

『相棒 劇場版 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』とは

2000年から単発ドラマで放送が開始され、2002年からテレビドラマシリーズ化、何と今年で15年目を迎える大人気シリーズ『相棒』の劇場版第1弾。頭脳明晰、冷静沈着な主人公 杉下右京を演じるのはもちろん水谷豊。そして右京のバディ亀山薫を演じるのは、初代「相棒」の寺脇康文。この映画は2008年上半期興行成績・観客動員数1位となる大ヒットを記録し、寺脇康文は第32回日本アカデミー賞助演男優賞優秀賞を受賞した。

『相棒 劇場版 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』のあらすじ

東京郊外のテレビ塔で元ニュースキャスター仲島の死体が発見され、現場には「f6」という謎の記号が残されていた。そんな中、警視庁の窓際部署である「特命係」所属の杉下右京と亀山薫は衆議院議員の片山雛子の護衛を命じられる。雛子は小包爆弾のターゲットとなっており、爆発物で襲われたが、何とか無事に海外視察に出発することが出来た。しかしまたもや現場には、「d4」の記号が残されていた。右京と薫は捜査を進めるうち、仲島と雛子の事件は予告殺人であり、現場に残されていた謎の記号はチェスの手を示す棋譜の記号であることを突き止める。そして次の殺人の予告が届く。殺害のターゲットは東京ビッグシティマラソンに参加する3万人とランナーと15万人の聴衆だった。

『相棒 劇場版 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』のスタッフ・キャスト

『相棒 劇場版 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』の感想・評価・ネタバレ

  • なーみー
    なーみー 3 2016年3月11日

    素敵な俳優さんがたくさんだった。二時間満喫したー。

  • Maako

    DVD

  • Bee

    いつもより少し話が壮大!くらいの感覚で観れば期待を裏切らない。 普通におもしろかった(^ω^)

『相棒 劇場版 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』に関連する作品