ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE

2016年 日本
rating 3 3
2 0

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE」のスタッフ・キャスト

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE」の感想・評価・ネタバレ

  • domax1211
    domax1211 3 2016年3月8日

    新宿ピカデリー@'16.03.04

  • hiroenag
    hiroenag 0 2016年2月20日

     テレビ東京の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(以下「バス旅」)、結構好きなんですよね。親が転勤族だったために子供の頃から浮草生活だったうえに、旅好きの父のせいであちこち行ったこと、そして最近は普段から地図とにらめっこしている趣味のせいで、移動するのにどう行ったらよいのか考えるのも好きで、この番組はツボです。というわけで、旦那と共に観に行ってしまいましたよ、出演者の蛭子さんでさえ「本当にみんな1800円も出して見てくれるんですかね」と言っている映画を。始まって気づいたのは、映画館って黙ってないとだめなんですよね。いつも「バス旅」を見る時は、iMacと地図と総動員してあーでもないこーでもない言いながら見てるので、なんか変な感じでした。  他所の国で、その国の公共交通機関に乗ると、日本での常識が一切通じないので面白いですよね。支払い方や乗り方降り方も国によって全然違うし、乗り継ぎなどのルールも異なります。ただ台湾はICカードがあるようで、その辺りは大分楽そうでした。言葉の壁が問題になるのかとおもいきや、肝心なところは流石に通訳さんがついてました。バス会社の人と話すような時は通訳さんを通じてやりとりをしていました。バスは国内を隈なく網羅しているようで、便も多い。というわけで、バスのエキスパートとも言える彼らにとっては肝心のバスを乗り継いでいく部分はそれほど問題はなさそうでしたけれども、問題はやはり外国であることによる違い。そして自然との闘い(笑、いや笑い事じゃないかも)。意外な敵が待ち構えていて、そう簡単には行きません。いつもと違うドタバタぶりも面白い。  台湾には1991年に行ったことがあるのですが、台北はすっかり近代化され、あの頃とは大分違う感じです。でも「バス旅」では普通の観光客が行かないような場所を通るわけです。宿探しも食べ物も、いろいろと慣れない旅で、きっと見えないところではもっと大変だったのではないかと(多分お腹こわしたりとかもあったんじゃないかなとか、トイレとか大丈夫だったのかなとか)思ったのでした。さて、彼らは困難を乗り越えて無事到着できるのでしょうか。「バス旅」好きな方にはおすすめですよ。多分テレビでもやるんでしょうけれど、放送枠の関係でカットされる可能性もありますし。そうそう、この映画の売上の一部は台南地震の義援金として寄付されるそうです。

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE」に関連する作品