隠し砦の三悪人

隠し砦の三悪人

1958年製作 日本 139分 1958年12月28日上映
rating 2.9 2.9
68 2

『隠し砦の三悪人 』とは

戦国時代を舞台に、黒澤明が監督を務める活劇時代劇。世は戦国時代、敗軍の大将が世継ぎの雪姫と大量の金とともに、敵軍を突破し逃亡するまでを描いている。登場する百姓コンビが『スター・ウォーズ』シリーズの「C-3PO」と「R2-D2」コンビの原案になったという逸話はあまりにも有名。注目すべきはスタントなしで挑む三船敏郎の体当たりの演技。そして、大抜擢となった雪姫を演じる上原美佐は当時演技経験はほとんどなかったものの、魅力溢れる気丈な姫を演じた。

『隠し砦の三悪人 』のあらすじ

百姓の太平と又七は、山名と秋月の戦いに参加して褒美を得ようとするが、戦うことなく戦場を逃れることとなる。道中、山名の捕虜として捕まる状況に陥るが、なんとか逃亡することに成功。そんな時、二人が出会ったのは、屈強な体つきをした秋月の大将である真壁六郎太。六郎太は、秋月家の世継ぎである雪姫と大量の金を運びながら、敵陣へ乗り込むことに決めた。そのお供として、六郎太は太平と又七を連れていく。何度も難関が立ち塞がるが、ようやく敵陣へ突入。そこで待ち構えていたのは、六郎太のライバルである山名の大将田所兵衞だった。二人の決闘は、いかに。

『隠し砦の三悪人 』のスタッフ・キャスト

『隠し砦の三悪人 』の感想・評価・ネタバレ

『隠し砦の三悪人 』に関連する作品