ルーム
ルーム
Room
2015年製作 アイルランド・カナダ 118分 2016年4月8日上映
rating 3.9 3.9
191 69

『ルーム』の感想・評価・ネタバレ

  • Kochinchan
    Kochinchan 4 1月13日

    良かった◎ ジャックの演技。 久々にいい映画観た

  • Minori

    気が狂ってしまいそうになりながらも、息子という希望を必死に育てている主人公の恐怖や、親になったことで大人にならざるを得なかった葛藤や、1人の女性としての苦しみが、痛いほど伝わってきた この2人ならきっと何度でも立ち上がれる

  • Tsubasa Kawano
    Tsubasa Kawano 4 2018年3月18日

    劇場でも観たので2回目。納屋に監禁された母と、その"部屋"しか知らないジャック。悲惨な人生と、希望と、現実。ふたりの演技がすごい。喧嘩するたび苦しくて泣いてしまう。髪にはパワーがある。ジャックが可愛すぎて何かに目覚めそうだね。

  • 夏穂

    男の子がかわいくてたまらん。すっごい怖い話やけど感動できて、普通の生活が当たり前にできてることがすごいなぁて感じた。子供の吸収の速さは親を驚かせるなあ おはようベッド、おはよう天窓、おはよう植物と言っていたのが最後さよならできてよかった。

  • やじろべえ
    やじろべえ 3 2018年2月12日

    暗い内容なのに、難しい内容なのに…狭い空間を二人だけの演技で引っ張る俳優の力にびっくり。 けど、俺にはやっぱり重かった

  • あざみちゃん
    あざみちゃん 4 2018年2月12日

    2018/2/11 Amazon Prime

  • woo19oo

    ジャックの演技がうますぎる

  • saya

    ジェイコブくんかわよ。

  • ちくわぶ
    ちくわぶ 4 2017年6月1日

    ジャックの「部屋が小さくなった?」って台詞でブッワァ〜泣いてしまった。

  • Marina Sakai
    Marina Sakai 3 2017年5月23日

    子供の演技とひとつひとつの言葉が印象的

  • manikademonika
    manikademonika 3 2017年5月14日

    これは、maybe印象深く残る映画。

  • Haruna Watanabe
    Haruna Watanabe 5 2017年4月12日

    自分がみてきたもの 感じてきたものが愛しくなって 感謝出来る映画。久しぶりにわんわん泣きました。母は強し。

  • まじ

    なんでこんなに評価高いのかよくわからないんで 二年後ぐらいにもう一度見ようと思います…

  • 福庭恭平
    福庭恭平 4 2017年1月8日

    ジャックが初めて外の世界を目撃、体験したときのシーンは鳥肌立ちすぎた 情報量の多すぎる世界に圧倒、混乱、恐怖してる表情が絶妙すぎた

  • ◇○**
    ◇○** 4 2016年12月6日

    奥歯をぐっと噛んで、ぐっと体に力を入れていないと耐えられないくらい苦しかった。きっとジョイとジャックの10分の1の気持ちも分かってあげられないこのもどかしさたるや。 ただ、彼らが外の世界に出て、再びあの場所へ戻ってさよならが出来たことが前に進む唯一の救いだったきがする。

  • 保津稔
    保津稔 4 2016年11月18日

    ザ・映画、という感じ。母子の演技力の高さとカメラワークの妙とで、子どもが「世界」に触れるのを追体験(再認識)できる。音楽が終始美しいのもまた特徴で、逆に異様さを際立たせたりもしてる。世界は残酷だし美しい。だから泣ける。

  • ひら

    2016/11/09

  • かにみ
    かにみ 3 2016年10月24日

    子供ってすげー

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2016年10月21日

    7年間監禁された女が、2年目に産んだ子どもと共に外の世界へ…。 母よりも高い順応力を見せる子ども。彼にとって5年間は子宮の中にいるような状態だったのかもしれません。長めに胎内にいた子どもが世界に降り立って、徐々に社会性を身につけていく。gif画像などでよく見る、始めて○○した赤ちゃんのリアクションを5歳の少年が体験するとでも例えられるでしょうか。階段をなかなか降りれない様子など、どこかほっこりする。 しかし映画の前半で語られるのはあまりに過酷な監禁生活。全編子ども目線で描かれるため、悲壮さは感じないが、それでも女の気持ちを考えると胸糞が悪くなる。こういう書き方をすると誤解になってしまうかもしれないのですが、「胸糞悪さ」はかなり高いエンタメ性を持っていると思います。前述のほっこり感の裏にジワジワと広がる胸糞の悪さ。ヒューマンドラマでありながら、映画として楽しめる映画だったと思います。 外の世界を始めて見た子どもの表情たるや、演技をしていると思えません。子役の見事な演技力に映画が支えられています。子どもがおばあちゃんに「大好きだよ」というシーン、最高です。あえて離れたところから撮影するのも非常にニクい。

  • choromiki
    choromiki 3 2016年10月12日

    失った時間は簡単には取り戻せない。