映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃

2016年 日本 97分
rating 3.7 3.7
17 4

「映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」のあらすじ

毎晩、楽しい夢が見られる世界、ユメミーワールド。 何でも叶う夢の世界の訪れに、しんのすけたちは喜びいっぱい!…だったのに、突然、楽しい夢は悪夢の世界へと姿を変えた! 時を同じくして、春日部の街にやってきた少女・サキ。 しんのすけたちカスカベ防衛隊の仲間になり悪夢に立ち向かうと約束するが、サキにはある秘密があった…

「映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」のスタッフ・キャスト

「映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」の感想・評価・ネタバレ

  • Dora
    Dora 3 6月1日

    夢って自由度が広い分設定組むのが実はとても難しい。皆夢を見るから共通認識はあるんだろうという仮定はあっても、それが何なのか分からない。今作はユメミーワールドっていう一つの世界が形成されてそこで皆の夢が共存するっていう世界観だったけど、良い夢と悪い夢の境界が説明不足だったように思う。でも発想と展開はかなり面白くて、「腹が減ってはおやすみできぬ」みたいな台詞回しが楽しかった。後半この物語のテーマが一気に開けていく感じはすごくて、最後の話の収束のさせ方もちょっと急ぎ足感はあったが楽しめた。ひろしももっと出しゃばってよかったけどな。なんかひろしがサキのパパの気持ちが分かって苦悩する、とか……。なんかサキのパパはかなり良いキャラをしていた(物語では悪役だが自分なりの正義があるし野原一家もそこには同意せざるを得ない)から、もっと掘り下げてほしかった。ひまわり無双状態気持ちよかったけどテーマと直接関連がなかったのが惜しかったか。色々思ってもめっちゃ泣きました。

  • toshibakuon
    toshibakuon 3.5 5月7日

    劇団ひとりが脚本を担当。しんちゃんの映画は悪ふざけの時と真面目なシーンのギャップが良いな。春日部防衛隊に新メンバー。子供達は夢がいっぱいで大人は悲しいことに夢が小さいの夢を持ち続ける大人でいたい。世界を敵にまわしても自分の子を守るのは親として当然なので一概に悪とは言えない。

  • tremolo779
    tremolo779 3 4月25日

    かすかべ防衛隊に新メンバー! ネネちゃんとかみさえとか、普段以上に女性陣にスポットが当たっていた作品。 ただサキが性格変わり過ぎて、もう少し最初の印象残したままでもいいのでは?と思ってしまった。 突然いい子になり過ぎというか...。 あと、小さい子にはあの悪夢のシーンがトラウマになりそう...。 部下に家族を取られる悪夢を見て泣くひろしが良いパパすぎて可哀想だった。 今作もひろしとみさえ夫婦は最強だ!笑

「映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」に関連する作品