アフタースクール

アフタースクール

2007年製作 日本 102分 2008年5月24日上映
rating 3.5 3.5
384 50

『アフタースクール』とは

内田けんじ監督第3弾。脚本も担当している。かつて同級生だった3人の男が織りなす大人の放課後(アフタースクール)を描くコメディ・サスペンス。同級生の3人は大河ドラマ『真田丸』で兄弟役として共演した大泉洋、堺雅人、堺雅人を探す探偵役に佐々木蔵之介が演じ主役級の面々を揃えている。主題歌はmonobrightの『あの透明感と少年』だが、内田はこの曲のPVの監督も務めた。ちなみにこのPVには本映画の主演である大泉洋も出演している。内田監督はこの作品で第32回日本アカデミー賞脚本賞のノミネート。堺雅人は第51回ブルーリボン賞で助演男優賞を受賞した。

『アフタースクール』のあらすじ

神野は母校の西森沢中学で教師として働いていた。テニス部の顧問をしていて、髪型から生徒たちに「もじゃもじゃ」というあだ名で呼ばれているお人よし教師。夏休みなのに部活動のため中学校に来ていた。そこに島崎という男がやってくる。同級生の木村の行方を捜していると言う。どうやら島崎は中学の同級生らしい。が、神野は全く覚えていない。それもそのはず、島崎はあるルートから木村探しを頼まれた探偵、北沢だったのだ。木村と神野は中学を卒業しても付き合いがあり、木村の事をよく知っていると踏んだ北沢はお人よしの神野にうまいこと言って同級生であると信じ込ませ、木村探しの片棒を担がせようとする。

『アフタースクール』のスタッフ・キャスト

『アフタースクール』の感想・評価・ネタバレ

  • furu02

    よくわからない部分も多々あって、解説サイトを見て全て納得。いわゆるどんでん返し系ですね。突如出てきたムロツヨシ、音尾琢真が良かった。大泉洋、いい役やるなあ。こんな先生いたら嬉しい。

  • えり

    読めない展開でワクワク

  • タマキ
    タマキ 5 2017年3月25日

    やられたー!って感じ。 どんでん返しの連続で、予想がことごとく裏切られた。 主役が堺雅人に見せかけて大泉洋だったのね。 佐々木蔵之介も救われる終わり方だと良かったなぁって思うけど、きっと大泉洋からの言葉で少しは救われてるのかな。

関連する記事

『アフタースクール』に関連する作品