貞子 vs 伽椰子
貞子 vs 伽椰子
2016年製作 日本 99分 2016年6月18日上映
rating 2.8 2.8
39 6

『貞子 vs 伽椰子』の感想・評価・ネタバレ

  • 2525toiki
    2525toiki 0 2月4日

    ひどい

  • Umyomyo
    Umyomyo 2 2018年9月5日

    まあそれなりに笑えた。 伽倻子はこの映画で初見だったので能力が分からず。 その辺の説明が初見にもわかりやすくされていたらもっとよかった。 対決前に選手の強さを印象づけてくれないとイマイチ盛り上がれない。

  • Yamanaka  Akira
    Yamanaka Akira 2 2017年11月21日

    怪獣大決戦みたいなワクワク感で観たけど、意外に真面目に見てしまった。山本美月がかわいいので、怖さがふっとんだ(笑)しかし最後の終わり方はどう解釈すればいいのやら(笑)

  • rido

    あの宣伝の仕方と言い、完全にウケ狙いだよねと思って見たけど3Dより全然まともなホラーだった(^o^) わたしはリングシリーズは小説然りだいすきなので、 呪いのルールとかビデオの内容とかが色々変わっていたことにちょっと納得いかなかったりもしたけど、 ラストの勢いのある正面衝突にめっちゃ笑ったからもういいかってなった(^o^)(^o^) たのしいホラー映画でした!

  • TM

    思ったよりドンパチやらなかった印象。

  • ちくわぶ
    ちくわぶ 3 2017年6月7日

    思ってたよりは怖かったけど身構えるほどには怖くなかった。夜一人でトイレに行けるぐらいのホラー。 「バケモンにはバケモンぶつけんだよ」の名?シーンみたさで観たけどボロクソ言われるほどのクソ映画じゃないと思った。 あと広々とした屋外で這ってる伽椰子、引きこもりが外に出たみたいな感じでグッときた。 俊敏な俊夫が一番怖い、ジュラシックパークでデカくてのっそのっそ追ってくるティラノよりもいきなり飛びかかってくるラプトルが怖いのと同じ。

  • Kazuya Furusawa
    Kazuya Furusawa 1 2017年6月5日

    最後しっかりして欲しかった。ビデオも変えなくてよかったなー。

  • 福庭恭平
    福庭恭平 3 2017年5月3日

    ネタ映画として見ればすごい楽しめると思います リングのビデオの中身が変えられてるとかもろもろの残念感は否めないけど

  • まいこ
    まいこ 2 2017年2月28日

    大人数でがやがやと観るのに丁度いい。 貞子も伽椰子も足が速くてびっくりした。 でも予告篇がマックスかもしれない(笑)

  • とし

    I have a 貞子 I have an 伽倻子 ウーン サダカヤ!って感じ。怨念を持った最強な霊同士が戦うのである斬新だ。どっちが強いのか正直ワクワクしてしまった。トシオはおまけみたいな存在。今の時代にビデオって思ったけどDVDやSNSの存在もちゃんと絡めていたがどうも最後だけモヤモヤでスッキリ出来ない。

  • 保津稔
    保津稔 3 2017年2月8日

    あんまり日本のホラー見てないけど、こういうの邦画では珍しい気がする。真剣な悪ふざけみたいな。だから本家の「リング」や「呪怨」のテンションを期待してると肩透かし食らうかも。半笑いで見る映画。最後は普通に笑ったけど。

  • タマキ
    タマキ 2 2016年12月30日
  • Kawamura

    みる価値無し。 バラエティに分類されるべき。

  • まじ

    邦ホラーめっちゃ苦手マンだったので、劇場に一人で見に行ったらだいぶくらいました。ただ戦うシーンはアベンジャーズみたいでワクワク出来た

  • 楚木

    想像を越えて面白かったです。あり期待していなかったというのもありますが(^-^; 経蔵・玉緒コンビ最高でした。

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2016年7月18日

    白石晃士監督と言えばモキュメンタリーホラーの傑作を数多く残す、現代Jホラーを牽引すると言っても過言ではない監督。しかしいまいちフィクション映画がパッとしないイメージがありましたが、本作は最高傑作でしょう。しっかり『貞子』と『呪怨』をやり、これらが出会う。まさに平成ガメラと同じ構成なのですね。怪獣映画的展開で出会った二人が白石晃士ワールドの中で大爆発します。まさに『カルト』のオマージュ。白石晃士版『呪怨』こと『カルト』からフェイクドキュメンタリー抜きの貞子足しで『貞子vs伽椰子』になるのです。「知り合いの霊能力者にお願いしよう…」となってから洪水のようにワールドへ引き込まれていきます。登場するあの二人がハンバーガー食べながら…、という辺りでニヤニヤが止まりませんでした。もうそこからは完全にコメディ。あちらから貞子、こちらから伽倻子でギャー!僕はニコニコです。 テンションを最高に持っていった状態で映画が終了するので、これはちょっと耐性がないと消化不良となってしまうかもしれません。この耐性も白石晃士作品をフォローしていれば付きます。本作鑑賞後からでも遅くないのでぜひ過去作をチェケラ!です。

  • Yudai Hirano
    Yudai Hirano 5 2016年7月3日
  • wakamewatts
    wakamewatts 0 2016年7月1日

    過去最高の恐怖映画・リングシリーズと、それに続く、呪怨シリーズの各主演キャラクタ-同士が対決するという設定。中古販売店から出たビデオデッキの中に入っていた汚れたVTRテープ。女子大生がいたずら半分で再生していまったから大変。貞子が蘇えってしまった。また、閉ざされた呪われた空き家に、つい踏み込んでしまった女子高生が、俊雄と伽耶子に取りつかれてしまった。この二人を助けるにはどうしたらいいのだろう。(#16- 091 )

  • Shinji Sasaki
    Shinji Sasaki 3 2016年6月26日

    2016.6.25鑑賞。 最終的にそうなると思ったよ。

  • けんしろー
    けんしろー 3 2016年6月24日

    Jホラーの二大スターがまさかのバトル。これを怖すぎの白石監督がメガホンを持つ。 白石ワールドハンパない。口裂け女やトイレの花子さんなどの都市伝説は笑った。それに加えていくつかどっかで見たような物体が現れる。 老若男女関係なしに殺す所はさすがだと感じました。全体的に怖すぎてめっちゃ面白い。脚本もいいし、カット割が勉強になります。 何度も工藤Dに助けてほしいと願った笑