溺れるナイフ
溺れるナイフ
2016年製作 日本 111分 2016年11月5日上映
rating 3.3 3.3
76 31

『溺れるナイフ』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2019年7月29日

    東京でモデルをしていた少女が田舎の中学へ転校。そこで金髪の少年との運命的な出会いを果たす。 山戸結希監督の登場は「少女漫画原作映画」に対するポストモダンの象徴であり、商業的に確率された繁茂する「少女漫画原作映画」の全てを踏み台にするかのような映画でした。「少女漫画原作映画」に登場する少女はとにかく美しいが、物語には関係がない場合が多く、例えば製作側の意向だったり画面への映え方だったりするのでは。本作で登場する小松菜奈演じる少女、あるいは菅田将暉演じる青年はどちらも美男美女という認識が映画世界に根付いている。自身たちも自分の美しさに気づいている。この認識には映画そのものの性質がアップデートされたかのような感覚に陥りました。山戸結希監督はこうした美しいものに対する内面の弱さを描くのがうまい。うますぎる。 衝撃的なのが2回目のお祭りのシーン。編集の妙により映画が徐々に地面から浮いていく。現実と妄想を行き来する驚異的な設計。そのままクライマックスへと侵入し、映画の素晴らしさを雄弁に語り、幕切れ。こんな!こんなの!すごすぎるでしょ!天才でしょ!

  • Yoko Egami
    Yoko Egami 4 2018年8月13日

    都会で華やかな生活をしていたヒロインが親の転勤で田舎に引越し、そこで出会った青年と恋に落ちるが、ある事件をきっかけに2人はすれ違い、現実を受け入れる恐怖と戦い、苦しみながらも必死に前を向いて歩いて行くという話。 生々しいストーリーと主演2人の高い演技力に終始圧倒的されました。 桜は散るから、花火は消えるから綺麗と聞きますが、この映画はその究極が描かれていると思います。 儚さゆえの美しさが、画面、音楽全てを通して感じられ、喜怒哀楽感情の全部を持っていかれる気分。 印象的なシーンが多いのも見所の1つです。

  • とし

    菅田将暉や小松菜奈が中学生を演じるのは無理があると思いきやそう見えてしまうのは雰囲気や演技に魅せられたからだろう。それでいて小松菜奈は色気もある不思議。青春はとても脆くそして尖っていてバランスも悪い。とても優しい友達と付き合ってれば絶対に幸せなのだけど、どうしても放っておかない人に惹かれ傷つく。そうして人は大人になっていくのだろう。

  • Yuzukappa
    Yuzukappa 4 2018年7月23日

    天才だ、山戸監督。 中二病というか。 自分が世界の中心としか見られなかったあの頃、あの青春を呼び覚ましてくれた。 そしてラストにつなぐ映画的な飛躍。 主人公の試練を、なんと瑞々しく乗り越えさせたことか。感服。 相当に好き嫌いが分かれるだろうが、青春時代にあのような目線で世界を見たことがある人なら、見終わった後になにかを取り戻せてるのではないだろうか。

  • Kazuya Furusawa
    Kazuya Furusawa 4 2018年5月8日

    タイトルから良く見える。良いシーンが沢山あって、メイン2人の演技でさらに惹きつけられる。重岡大毅もかなりいい演技してました。

  • Masahiro.
    Masahiro. 3 2018年1月23日

    溺れるナイフ。タイトルがいい。 ストーリーよりも、シーンとして良いものがたくさんあった。火祭りのシーンとか海沿いを自転車で行くシーンとか。 あとメインテーマの曲も良かった。青春感満載で。

  • さくら
    さくら 3 2017年12月30日

    青春のキラキラがたまらないほど画面に広がって、そして、重なってはすぐ離れていく。自由でもろくてとがっていて、若さゆえの不安定が溢れ出ていた。感情の満たされなさ、何で満たされるのかもわからずただがむしゃらに動き、求めていく彼らの存在感が素晴らしくて目が離せなかった。

  • Dora

    山戸結希監督は二回目の鑑賞。結果から言えば5つ数えれば君の夢は超えなかった。原作未読だけどちゃんと原作を消化した上で脚本書いたのだろうか?ラストの追い込みは映画の短時間で説明するならもう少し違うシチュエーションの作り方あったんじゃないかなーって思ってしまった。今作は菅田将暉がとにかく輝いてた。菅田将暉もすごいけど、負けず劣らずの小松菜奈よりも菅田将暉を輝いて見えるように撮るのはさすがよく出来てるなって思った。主要以外の演技力の無さは予算の都合と思って無視するとして、ドレスコーズが出てること自体にテンション上がった。監督が好きだったのかなあって思った。恋愛は宗教だ、っていうのは一つの価値観としてあるけど、信仰の対象の弱い部分って見えたら実際萎えない?萎えないとしても、信仰の対象と良い人間関係を築いていくのって難しいよね。それはラストのコウちゃんの気持ちを考えても見えてくる。なつめからしたらめっちゃハッピーな話なんだろうけど。恋愛でお互いの最適解出すのってやっぱり無理じゃない?恋愛映画って片方ハッピーでももう片方それでいいの?ってなるやつけっこーある気がする。 映画自体の話に戻るとして、前半のカメラワークがめちゃ引きかめちゃアップかしかないのもちょっと気になった。最後のほうは、コウちゃんが火祭りを踊っているのはどの時間軸なのかが分からないし、霊とか気とか関係ないならメッセージ性も少し弱い気がする。あと2人が中学生役も普通に分かんないし無理あるよね。中学生〜高校へと少し進んでいく恋愛観ってかなり浅はかに終わっちゃわないかと思ったけど、彼らにとってはとても大事なことで大事件の連続なのをちゃんと深く描けていたと思う。描写も繊細ですごい女性的な映画。次作に期待。

  • Hanako

    軽い気持ちで見たら重すぎた。 最後の方衝撃すぎた。カナちゃん何者? 一緒にダメになる感じ、それを乗り越えて踏み台にした夏芽は強い。 大友みたいな人って絶対おるし絶対幸せになれるのにコウちゃんを好きになってしまうのは女心の七不思議。 よくわからん方言は辛かったけど熊野古道の壮大さがよかった。

  • takiaibo
    takiaibo 4 2017年6月29日

    菅田将暉に惹かれてつい借りてしまった作品。 菅田将暉が魅力的 舞台となる田舎が素敵、方言がみんな噓っぽくなくていい。

  • じぇしか
    じぇしか 3 2017年6月24日

    誰にでもこういう人が、1人2人いるのかなぁ。 海と椿のペディキュア

  • ことね。
    ことね。 3 2016年12月13日

    20161107 大友のちょっと噛んじゃったセリフのシーンがすき

  • decoooooo
    decoooooo 3 2016年12月7日

    原作ファンの私としては好きなシーンがなかったり、 設定が違ったりと物足りない部分が多かった。 ただキャストが良かったのと世界観は表現できていたので 漫画とは別の作品として楽しめました。

  • wakamewatts
    wakamewatts 0 2016年11月27日

    サラリーマンの家族が、田舎の海岸端にある実家の旅館に帰ってきた。祖母が高齢化のため旅館稼業を引き継ぐためだ。中学生の娘は東京でグラビアモデルをやっていた。田舎の学校に転校してきたが、そこで、地元の青年と恋仲になる。 娘が夢中になるが、青年はモデルの娘には荷が重いと感じていた。やがて、娘のファンという男が現れて娘に暴行する。助けようとした青年もけがをさせられる。それから、二人の仲は遠のいてしまう。(#16-161)

  • Minori

    どういう言葉を使って形容したらいいのか分からないほど、とにかく凄い 圧倒されるし、凄いしか出てこない 何か、美しいものを観てきた感じ 絶対に映画館で見てほしい作品 この監督の作品をまた見たいと思うし、サントラも買ってしまうと思う

  • karinchorin
    karinchorin 3 2016年11月13日

    原作が好きだけど、映画化も頑張った方なのでは?音楽が良い。

  • Satoko

    菅田将暉と小松菜奈がただただ美しい

  • sykst

    悲しくなる映画。なんで撮ったの?って映画観ると悲しくなる。違うよ。これは違う。この作品の良さはそこじゃない。原作信者とかじゃないけど、これじゃない感がすごい。 菅田くんは美しいし大スクリーンに栄える。重岡くんの無邪気さにはキュンとする。でもそれだけだ。

  • maki

    何より菅田将暉。 コウちゃん好きだけど菅田将暉だから許せた。 あとはまあ詰め込みすぎ。 あんな抽象的な映画2時間では無理だなあ この漫画は恋愛漫画じゃないし。

  • k

    この感情を表現してしまったか!という良い映画を観たときの抉られる感覚と、少女漫画のそんなセリフありえないやろーー!っていうクサいほどの甘さがまさかの共存に成功していました。新感覚。 メインの小松菜奈と菅田将暉は安定の美しさなのだけど、でもいつも通りの「みんなの憧れ絶対的アイコン」としてではなく、すごく人間味のあるリアルな存在として描かれているのがこの映画の良いところなのではないかと思います。 特に前半部分での夏芽(小松菜奈)の危うさ、ブレブレ具合の表現の仕方が秀逸。刺さりました。 その他の登場人物もとてもリアル。ジャニーズなのに庶民代表大友を見事に演じてしまう重岡大毅、前後半で鮮やかに変化を遂げる上白石萌音の演技力にも驚かされます。 個人的にはクサいシーンの度に一歩引いてしまったのですが、視点の鋭さとそれをしっかりと描く媚びなさ、そしてそれに応える若手俳優たちの演技に高評価をつけたくなる、そんな映画でした。