10 クローバーフィールド・レーン
10 クローバーフィールド・レーン
10 Cloverfield Lane
2016年製作 アメリカ 104分 2016年6月17日上映
rating 2.9 2.9
56 14

『10 クローバーフィールド・レーン』の感想・評価・ネタバレ

  • sayav

    話の主体がグラグラしていて、置いてけぼり感。ただ、最後、その後がきになる終わり方してるから悔しい。

  • sogo

    設定はさることながら、もの凄く先読みできてしまった。 やっぱりな感。 もっと、意外性が欲しかったかな。

  • ノアアーク
    ノアアーク 3 2018年3月5日

    途中まではどうなるか期待させる流れだったが、最後が盛り上がらないまま終わった感じ。

  • アパ予約して。
    アパ予約して。 3 2018年1月3日

    2018.1.2

  • 錆犬

    2017/07/28 amazonビデオ

  • べし

    絶妙にパンチに欠ける作品だった

  • Seigo Ito
    Seigo Ito 2 2017年5月24日

    まあまあたのしめた

  • ちー

    自分じゃ絶対SF作品はみないから教えてくれたマイイングリッシュティーチャーにサンクス

  • 森本航洋
    森本航洋 2 2017年1月4日

    「伏線」という言葉の無駄遣い。

  • 翔

    2016年最後に観た映画はコレだった、10クローバーフィールド レーン。 期待外れとは言わないけれども思ったよりもドキドキワクワク観れはしなかったというのが正直なところかも、ぶっちゃけこの映画の存在を知って「観たい!」と思っていた時が興奮の最高潮だった。 クライマックスでガラリと雰囲気は変わるものの、変わる前の方が面白いというちょっぴり残念な感想を抱いてしまった。 ネタバレ厳禁な映画なので極力ストーリーには触れないようにしたい、僕は「霧は吸い込んでいないから開けろ!」のあたりが一番ハラハラして楽しめた。 ていうかアレだ、いくらなんでもこのポスターで宣伝したのは失敗でしょう。 2016年最後の映画プラス2017年最初のレビューなのに中々シビアな言葉ばっかりになってしまった。でも、年初めだから!みたいな理由で正直ではないレビューを書くのはよりいけない事だと思うので思ったことをそのまま書きました。 あけましておめでとうございます、皆様今年もよろしくお願い致します。

  • syn490

    グローバーフィールドの方が面白かったな。趣旨っていうか目線を変えたわけだよね 未曾有の出来事にパニックする人々じゃなくて ミクロ的に とある場面で出会った数人だけにスポットを。という。

  • かにみ
    かにみ 3 2016年10月29日

    どっかで聞いた名前だからきっとそっち系かと思ったら全然違ったと思ったらやっぱりそっちかいな的な映画

  • 絵里奈
    絵里奈 4 2016年10月27日

    アトラクションのように楽しめた☺︎

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2016年8月8日
  • ふじたく
    ふじたく 3 2016年7月11日

    中途半端

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2016年6月25日

    いわゆる「何を書いてもネタバレ」になる系映画です。『クローバーフィールド』の続編なのかどうなのか、すらコメントするとネタバレになります。しかし映画としても明らかに『クローバーフィールド』を観ていることを前提に作られています。POVでもない本作の『クローバーフィールド』との共通項はズバリ「低予算だからこそのアイディア」です。SF映画であり、サスペンス映画であり、そしてホラー映画。映画のジャンルすら述べることがネタバレになります。なんならポスターすら観ないほうが楽しめる。『インディペンデンスデイ』続編公開間近の昨今、オタクやマニアはこちらの終末モノの方が気に入るはず。 ジョングッドマンも良いし、僕はメアリーエリザベスウィンズテッドが大好きなので嬉しいです。

  • yk2220s

    タイトルシークエンスがヒッチコック風だなぁとか思っていたら、かなりサスペンス。劇場で観たので音や音楽に煽られ、かなりドキドキしながら観てました。ストーリーはあれこうかな?→違うか…?→やっぱりそうか…→あれ?…みたいなそんな感じ。

  • amazon02
    amazon02 3 2016年6月19日

    続編じゃないと思ってまずは鑑賞しました。(だっていきなり10だもの) (本編ラスト数分で前作との関係性が示唆されなければ)見知らぬ者同士が密閉空間で繰り広げる人間描写を中心としたサスペンススリラー。 アクションシーンのものすごく少ない「宇宙戦争:スピルバーグ版」(笑) 前作との共通点は、未知く(宇宙からの飛来物、得体の知れない隣人)への不安を描いている事。 赤狩りや、冷戦の頃から繰り返し使われるアイデアだが、こちらが勝手に世相を反映しながら鑑賞するから古びないし、最近の原作つきで判りやすい映画に食傷気味な向きには先のわからなさ加減が丁度良いかもしれない。 ジョングッドマンの怪演がこの作品の方向性を決定付けたとも言えるが、それを正面から受ける、ほぼ新人(?)の2人も良い。 2016.06.18 TOHOシネマズベイシティ

  • wakamewatts
    wakamewatts 0 2016年6月19日

    パニック・サスペンス映画だ。交通事故に合った女性はあるシェルター 内で気が付く。太った軍隊あがりの大男と青年が居たが、彼らの話では  何者かから攻撃を受けて世界は死滅したというのだ。外は有毒ガスで  おおわれていて出てはいけないと諭される。しかし、この男、変質者の疑いを持った女性は脱出を試みる。しかし、留まるも地獄、出ていくのも地獄だった。(#16- 087 )

  • けんしろー
    けんしろー 4 2016年6月18日

    謎めいた演出が全面に出ていた。なかなか怪物出てこない。にしても今回の作品は前作とかなり違い人間ストーリーが多く描かれている。ミステリーサスペンスホラーとでも言うのであろうか。ハワードの人格が恐ろしく怖い。全く知らない者同士の共同生活。音の使い方にインパクトが強過ぎて心臓止まるかと思った。 前作を意識してモンスターをしっかり観るとデザインがモンハンのフルフルでした笑 余分なカットが一切入ってない。 自分はこの作品好きです。