何者 (2016)

何者 (2016)

2016年 日本
rating 3.4 3.4
133 63

「何者 (2016)」のあらすじ

就活の情報交換のために一つの部屋に集まった、5人の22歳。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。人一倍「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 海外ボランティアの経験、サークル活動、手作り名刺、SNS、業界の人脈…。様々なツールを駆使して戦っていく就活生たち。 企業に入れば「何者」かになれるのか、自分は「何者」になりたいのか...。 そんな疑問を抱えて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、一緒に過ごすうちに、就活のやり方やスタンスに嫌悪感を覚えることもあり、徐々に人間関係が変化していく。そして拓人はサークルのOBのサワ先輩(山田孝之)に相談するも、思うようにいかない現実に苛立ちを隠せなくなる。 やがて「内定者」が現れたとき、抑えられていた妬み、本音が露になっていく。 そして、ようやく彼らは自分を見つめ直す。

「何者 (2016)」のスタッフ・キャスト

「何者 (2016)」の感想・評価・ネタバレ

  • riku5943
    渋谷智明 3 4月8日

    2018/04/08

  • theskinheads
    エミデブ 4 1月16日

    気になっていたので大阪に行く飛行機の中で観た! ただいま大学4年生ということで、僕が少し前に経験した就活を描いたこの映画はすごく入り込めた。入り込めた要因はそれだけじゃなくて、これほんと現役大学4年生として声を大にして言いたいんだけど「リアルすぎ!!!」 フィクションってやっぱりどうしても現実と乖離してしまうものもあるし、その非現実を求める欲求で映画を観る人も少なからずいるとは思うんだけど、やたらと美男美女が集まる以外は本当にリアル。大学生は山田孝之を除くこの5人に大体分類できる。ちなみに僕は菅田将暉タイプで、自分でもビックリなんだけどまた僕と同じようなこと言うんだよね。「俺、就活得意なだけなんだよな」とか言っちゃうの。もう顔真っ赤だよね。 岡田将生タイプも多いし、二階堂ふみも多い。一番多いのは佐藤健タイプなんだけど。この、言葉では伝えづらいのに確実に存在する人間像をよく映像化できたなと思う。この細かいニュアンスまでの再現はすごい。意識高い系と言われるけどそらにも色々ある。それを言葉で説明するのは難しいと観ながら考えた。この菅田将暉タイプと読んだ俺は、果たしてどう言い換えれば良いのか。ディテールを伝えるには菅田将暉タイプとしか言えないなぁ。 1分間で自分を表現してください。 正解こそないがあるべき姿は登場する劇団員の方だろう。就活の得手不得手はここで分かれると思う。どこかで学んだ模範を真似て用意してきたことを暗記して喋っている人。心の底から語れる何かを持ってる人。こここそが分かれ道だったと思うし、僕はただそれがうまかった。本当に就活が上手いだけだった。それは仕事ができるとはノットイコールで、少し不安なところでもある。 そして、リアルな就活映画に留まらなかったのが良かった。原作者があの「桐島部活やめるってよ」の人(名前は分からない汗)だけあり、面白みのある話を考えるなぁ。ぜひ、まだ観たことない人はこれを観てその意味を汲み取ってほしいし、これから就活する人はこれを観て憂鬱になれ!って思う。こうなりたくなきゃ頑張れよ!っていう教科書的な存在として。 正直、面白かったし、飛行機の中で声が出ちゃうくらい入り込んでたんだけど、リアルすぎてもう映画としては観てなかった。合同説明会とかその前の大学での就職セミナーで観せられそうな本当に教科書だった。面白く勉強できる現代の就活の教科書。

  • hzkroute
    ダンケ先生 4 2017年9月17日

    じわじわ心を蝕む内容ですね。 小説もそうですが、観終わった後に「何もいえない」っていう気持ちになります。

「何者 (2016)」に関連する作品