二ツ星の料理人

二ツ星の料理人

Burnt
2016年製作 アメリカ 101分 2016年6月11日上映
rating 3.6 3.6
44 19

『二ツ星の料理人』とは

挫折した元二ツ星のシェフが再起をかけてレストランを開業、仲間と共に三ツ星を目指す姿を描いたヒューマン・ドラマ。監督は『パーティ★モンスター(2003年)』『美しすぎる母(2007年)』などの製作総指揮を務め『カンパニー・メン(2010年)』で長編監督デビューしたジョン・ウェルズ。主役のアダムには『世界にひとつのプレイブック(2012年)』『アメリカン・スナイパー(2014年)』のブラッドリー・クーパー。アダムの仲間たちを演じるのは『アメリカン・スナイパー(2014年)』のシエナ・ミラー、『ラッシュ/プライドと友情(2013年)』のダニエル・ブリュール、『最強のふたり(2011年)』のオマール・シー。

『二ツ星の料理人』のあらすじ

アダム・ジョーンズ(ブラッドリー・クーパー)は、かつてパリの二ツ星レストランで腕をふるう一流のシェフだったが、性格や私生活で多くの問題を抱えおり、周囲に多大な迷惑をかけて突然姿をくらましてしまう。それから3年後、彼は再起をはかるためロンドンに戻り、友人のレストラン経営者トニー(ダニエル・ブリュール)へ自分を雇い入れるよう懇願する。以前のアダムをよく知るトニーはなかなか承知しなかったが、ある条件付でレストランを任せることにした。早速アダムは昔の同僚や才能あるスタッフをスカウトしてレストランをオープン、ミシュランの三ツ星を目標に幸先の良いスタートを切ったのだが……。

『二ツ星の料理人』のスタッフ・キャスト

『二ツ星の料理人』の感想・評価・ネタバレ

  • ちくわぶ
    ちくわぶ 3 2018年5月24日

    2018/05/23 ムービープラス アダムコラーーーーーーーーーーー!!!!!!!(怒)(怒)(ブラッドリー・クーパーの顔は三つ星) 傲慢クソ野郎シェフを人格出来た仲間達がサポートしてミシュラン三つ星を目指すぞい!って話なんだけど普通にムカつくので途中の失敗や挫折が普通にザマミロという感情しか湧かない。共感性羞恥というか、主人公の失敗とか一緒にしんどくなっちゃうタイプだけどこれはそういうの一切ないから良い。 トニーもエレーナもそんなクソ捨てちまえよ!ってなるけど、そういうとこが好きなんだろうな……特にトニー……君に幸あれ………。

  • manikademonika
    manikademonika 0 2018年2月6日

    映像が綺麗で綺麗で。 PVのように綺麗な場面がどんどん切り替わる。 強いから人に頼れる。 弱いからじゃない。 そして バースデーケーキが可愛いすぎた。

  • Minori

    安定の面白さ 天才が挫折を通して成長するっていう、トップガンを彷彿とさせる話だったけど、単純明快な結末じゃなかったことや、主人公を取り巻く登場人物のキャラ設定がかなり良かった 元恋人とお似合いだったから、恋人も過去の産物として切り捨てるの辛かった

『二ツ星の料理人』に関連する作品