後妻業の女

後妻業の女

2016年制作 日本 128分 2016年8月27日上映
rating 3.3 3.3
31 8

『後妻業の女』のあらすじ

「武内小夜子、63歳、好きなことは読書と夜空を見上げること…わたし、尽くすタイプやと思います」結婚相談所主催のパーティで可愛らしく自己紹介する小夜子(大竹しのぶ)の魅力に男たちはイチコロである。耕造(津川雅彦)もその一人。二人は惹かれあい、結婚。幸せな夫婦生活を送っていた、はずだった―――。2年後耕造は亡くなり、葬式の場で耕造の娘・朋美(尾野真千子)と尚子(長谷川京子)は、小夜子から遺言公正証書を突き付けられ、小夜子が全財産を相続する事実を言い渡される。納得の行かない朋美が調査をすると、衝撃の事実が発覚。小夜子は、後妻に入り財産を奪う“後妻業の女”だったのだ!そして、その背後には結婚相談所・所長の柏木(豊川悦司)がいた。 「結婚相談所に限って言えば、男の高齢者がよくモテる。第一条件は資産があること。持病があればなおいい。看取る時間の効率が良いから女同士の取り合いになったりする…」 次から次へと“後妻業”を繰り返してきた小夜子と柏木、二人を追及する朋美と裏社会の探偵・本多(永瀬正敏)、小夜子の次のターゲットでありながら彼女が本気で愛してしまった不動産王・舟山(笑福亭鶴瓶)、そして彼らを取り巻くひと癖もふた癖もある人々…。 今、愛とお金をめぐるドラマが始まる――!!!

『後妻業の女』のスタッフ・キャスト

『後妻業の女』の感想・評価・ネタバレ

  • Tsubasa Kawano
    Tsubasa Kawano 3 1月18日

    大竹しのぶの凄さを再確認。ストーリーはもっともっとハチャメチャしまくってくれてよかった。

  • Minori

    前半はテンポ良く展開したものの、後半はあんなにダラダラするなら、もっと尺短くすればいいのにと思った 悪事や悪人って同じことでも描き方次第で、軽くも重くも感じるから、演出やキャラ設定って大事だなと再認識 どんな時でも全く動じない小夜子好き笑

  • Yamanaka  Akira
    Yamanaka Akira 3 2017年7月29日

    大竹しのぶの怪演が光る。人間の業をコミカルに見せてくれたのでなかなか楽しめた。やっぱり、大阪が舞台の大阪弁というのがよりこの映画を面白くしたと思う。

『後妻業の女』に関連する作品