後妻業の女

2016年 日本 128分
rating 3.5 3.5
17 7

「後妻業の女」のあらすじ

「武内小夜子、63歳、好きなことは読書と夜空を見上げること…わたし、尽くすタイプやと思います」結婚相談所主催のパーティで可愛らしく自己紹介する小夜子(大竹しのぶ)の魅力に男たちはイチコロである。耕造(津川雅彦)もその一人。二人は惹かれあい、結婚。幸せな夫婦生活を送っていた、はずだった―――。2年後耕造は亡くなり、葬式の場で耕造の娘・朋美(尾野真千子)と尚子(長谷川京子)は、小夜子から遺言公正証書を突き付けられ、小夜子が全財産を相続する事実を言い渡される。納得の行かない朋美が調査をすると、衝撃の事実が発覚。小夜子は、後妻に入り財産を奪う“後妻業の女”だったのだ!そして、その背後には結婚相談所・所長の柏木(豊川悦司)がいた。 「結婚相談所に限って言えば、男の高齢者がよくモテる。第一条件は資産があること。持病があればなおいい。看取る時間の効率が良いから女同士の取り合いになったりする…」 次から次へと“後妻業”を繰り返してきた小夜子と柏木、二人を追及する朋美と裏社会の探偵・本多(永瀬正敏)、小夜子の次のターゲットでありながら彼女が本気で愛してしまった不動産王・舟山(笑福亭鶴瓶)、そして彼らを取り巻くひと癖もふた癖もある人々…。 今、愛とお金をめぐるドラマが始まる――!!!

「後妻業の女」のスタッフ・キャスト

「後妻業の女」の感想・評価・ネタバレ

  • tamoo3
    tamoo3 2.5 30日前

    映画館で見なくて良かった! 面白くはなくはない。

  • Yasuyoshi_Horikawa
    Yasuyoshi_Horikawa 2.5 5月15日

    俳優陣は素晴らしくおもしろいが、少し長く、キレがない。

  • toshibakuon
    toshibakuon 3.5 3月29日

    殺人事件でもあるのにコメディタッチなので罪悪感がほとんど感じない。遺産目当てに次々と旦那を変えて行くけど悪びれず生きて行く女を大竹しのぶが演じていてさすがとしか言えない。後ろ姿だけど鶴瓶のスカイツリーを想像して笑ってしまった。トヨエツと共にすごく悪い人間だけど欲望のみに突き進む姿はある意味人間らしい素直な姿なのかもしれない。

「後妻業の女」に関連する記事