日本で一番悪い奴ら
日本で一番悪い奴ら
2016年製作 日本 135分 2016年6月25日上映
rating 3.5 3.5
55 16

『日本で一番悪い奴ら』のsouthpumpkinの感想・評価・ネタバレ

southpumpkin
southpumpkin 4 2018年6月11日

柔道だけが取り柄の男が北海道で刑事に。彼はしばらく後に反社会的勢力と警察とを駆ける男となる。 白石和彌と言えば現在邦画が一番期待している監督であり、『孤狼の血』を産んだ時代の寵児のような存在。しかし実は彼の作品を順に眺めると『孤狼の血』と本作とが対になっていることがわかります。共に悪徳警官を主人公においていながら、『孤狼の血』は徹底的に陰だったのに対し本作は陽。軽快にコミカルに、そして毒っ気を孕みながら展開する。全てを我が手に入れたかのような主人公がわかりやすく調子に乗り、歯車が徐々に狂い出し気づいた時にには奈落の底に。まるでスコセッシのような映画。白石和彌が愛して止まないピエール瀧の存在により、そのポジションが新陳代謝のようになっていることに気付かされます。このテーマは『孤狼の血』でも触れられています。この辺りは東映映画監督としての白石和彌の作家性なのでしょうか。『孤狼の血』よりも好きです。『凶悪』で発揮され、『サニー』でやりすぎたとも言える狂気的な笑いが本作にはあります。こうしてみると『孤狼の血』は真面目過ぎた。