マネーモンスター
マネーモンスター
MONEY MONSTER
2016年製作 アメリカ 99分 2016年6月10日上映
rating 3.4 3.4
47 14

『マネーモンスター』の感想・評価・ネタバレ

  • U2

    筋書きは割と単純だけど、カメラワークなどでライブ感と緊張感があり、映画をみているのかテレビの前に居るのか不思議な感覚になる。さすがジョディフォスター監督と言う感じだけど、やっぱりジョディフォスターだねと言う作りでもある。 オーシャンズコンビの主役二人も良い演技。また観たい作品。 それにしても、本作の「あらすじ」の情報多すぎる。ほぼネタバレで酷い。

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2018年5月7日

    財テク番組でオススメされた銘柄を買い大損をした男が生放送に乗り込んでくる。人気MCとディレクターは何とか対処を試みる。 本作公開前後に経済映画がいくつか公開されましたが、その類とは少し違います。経済知識に基づく映画ではなく、あくまでサスペンス映画。近い映画は韓国映画『テロ,ライブ』です。が、それに比べてもやや社会性などのメッセージは薄かったかなあ。よくできた脚本のB級映画にジョディ・フォスター、ジョージ・クルーニーが監督と製作をやって無難に仕上げた感があります。ジョディ・フォスターはジュリア・ロバーツの役をそのまま自分でやればよかったのではとも思います。う〜〜ん、ハリウッドの映画監督だったら誰でも撮れるんじゃないかなあ〜〜〜。ジョディ・フォスターには女優やっててほしいな〜〜という映画でした。

  • とし

    この世は一部の権力者の財力に弱者は振り回され結局はバカをみると思うと悲しい。でもそれが世界の構図だというのであればお金ではなく人との繋がりや信頼を構築することが一番の幸せだ。自分を見失ってしまった犯人に同情の余地もありモヤモヤ。ジョージクルーニーもTVで煽るだけ煽ったのだから責任がないとも言えないしそれを見ていたたくさんの傍観者も所詮他人事なのがもどかしい。

  • okdkstmp

    ご都合主義というか、まあ簡単に言うと悪を討つ映画なのでそれでいいんだろう。というわけで普通に面白かったです。深みはまったく感じなかったけど(笑)。 あとジョディ・フォスターが監督したというのがなんかよー分からんというか、イメージ的に“彼女らしくない”映画を撮るんだなぁ、と。

  • kotoko

    展開が早くて目が離せない。ジョージクルーニーさすがアナウンサー目指してただけあって、いいキャラクター演じてた。

  • しんし
    しんし 3 2016年11月7日

    財テク番組「マネーモンスター」の収録中に銃を持った男が乱入したことから始まる事件を描いたサスペンス映画 出演はジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツ 監督は名女優のジョディ・フォスター 犯人が乱入して騒然とするスタジオと焦りまくる司会者リー(ジョージ・クルーニー)を落ち着かせてしっかりコントロールしていた番組ディレクター・パティ役のジュリア・ロバーツの演技がとても良かったです ジョージ・クルーニーと警察の板挟みにあいながらも対応して、このキャラクターのおかげで映画自体も上手くまとまっていた印象 金融サスペンスとして描きつつ、女性が主張できる社会や富裕層と貧困層の埋まりようのない差などたくさんのテーマが盛り込こまれた快作です

  • さくら
    さくら 3 2016年10月17日

    どうなるのかハラハラしている間が一番良かった。残るのはもやもや感。最近凝りすぎて疲れる映画ばかりだったからこれくらいコンパクトなのも良い。そして結局当事者以外は他人事で、ただのエンタメとして楽しんでいる様は観ていて悲しいね。そして久しぶりにぐいぐい出てこないジュリアロバーツが見られた気がする(笑)

  • kana

    2016.9.21 真相に迫る部分、もう少しハラハラしたかった。

  • naho

    機内の紹介画像が ジョージクルーニーが ふざけたダンスをしているところで くだらなそ〜と思いつつ観たら すごく良かった! 予想外でした。 ちょこちょこあるユーモアも ふふっと笑えて まじめなのに楽しめる映画。 事件を通じて人と人の心の繋がり方が 変わっていく様子が素敵。 ただ最後に報われないカイルは辛かったです。

  • わい

    劇場にて。まったく事前情報なしで見たので、楽しめました。ほんと、アメリカっぽい感じ。

  • takamaru
    takamaru 4 2016年8月17日

    機内 面白かった ハラハラさせてくれて楽しめた 最後は想像通りだったけどこういうのはあーいうふうに終わらせるしかないのかな

  • cooman

    投資番組の情報を信じて大損した男が生放送中のスタジオに乱入してMCを人質に取るというストーリー。途中から犯人が可哀想なくらい打ちのめされ、MCであるジョージ・クルーニーは人為的に大暴落を引き起こした企業のCEOを追い詰める。小ネタ下ネタも多く、最後はスタジオから外に飛び出してひと騒動起こすのが面白い。 #ネタバレ

  • tun

    内容も結果もザ・アメリカって感じ。 生放送を作ってる人たちってあんな感じなのかな、すごいなー

  • flowermurmur
    flowermurmur 4 2016年6月24日

    面白かったー!株はちんぷんかんぷんだけれども、こうやって操作するのねとか、犯人がリマ症候群っぽくなってるとことか。弁の立つ人間はやっぱり強い。そして観客はストックホルム症候群。短い映画なのにすごくボリューム感があった。やるな、ジョディ・フォスター監督。

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2016年6月21日

    前半はサスペンス的にも群像劇的にもさほど緊張感ない。脚本が気の利いた台詞書こうとして滑ってる感じもする。でも中盤ある場面から、監督ジョディ・フォスターの意図するところが読めてくると面白くなった。登場する男はおよそバカばかり、フォローしたり指示したり的確に仕事するのは女性。利己的な金儲けの犠牲になるのは庶民。単純短絡的な構図だけど、そこへ飛び出す彼女の啖呵が最高だ。渦中のキャスターと立て籠もり犯、冷やかしのギャラリーがこの時やっと共感や同情で一体化するのがニクいし、そのまま突き放すのも良い。とはいえそれで済ませる訳でなく、それぞれの連帯がパワーゲームに対抗する別のパワーに変わっていく。なるほど。 ジョジクルは安定のらしさだけど最初から良心があるんで、これが胡散臭く心のないスティーヴ・クーガン辺りならもっと振り幅激しく面白かったかも。犯人にもアクがなさすぎるし、硬派なサスペンスを期待すると色々ゆるい。けど、これに『ゴーストバスターズ』予告編が付いてきたところからして、そういう流れにある映画なんだと思う。

  • wakamewatts
    wakamewatts 0 2016年6月12日

    ジョージクルーニ-主演のテレビキャスターがTV中継中にジャックされるという、リアルタイム・ハイテク・ミステリー・アクション映画。大変にスピード感があって、よくまとまっていた。株式投資を支援する人気テレビ番組のオンライン中のスタジオに、投資に失敗した若者が自暴自棄になり、ジャックする。キャスターは爆弾チョッキを着せられて、その押釦を握り完全にコントロールされてしまう。その原因になったのは、番組で投資を進めたある会社の株。それが、放送後に一気にあがり始めたが、一晩のうちに大暴落。青年は全財産をスッてしまったのだ。その怒りは多くの視聴者にも共感を得ていた。(#16- 082 )