ゴジラ対メカゴジラ

ゴジラ対メカゴジラ

1974年製作 日本 84分 1974年3月21日上映
rating 3 3
2 0

『ゴジラ対メカゴジラ』とは

1974年に公開されたゴジラ誕生20周年記念作品で、「ゴジラ」シリーズとしては第14作目にあたる。公開2年前の1972年に日本へ返還されたばかりの沖縄を舞台に制作され、注目を集めた。監督は福田純、脚本は同じく福田純と山浦弘靖が担当している。音楽は佐藤勝。ジャスや沖縄音楽を取り込んだBGMが作品を彩る。怪獣映画ながら子どもに向けたコミカルな描写は少なく、反対に流血シーンなどの多いやや過激な演出がされ、前作までとは一線を画する部分もある。キャッチコピーは「宇宙をとびミサイルを撃ち込む!全身が武器の凄いゴジラが現れた!」。

『ゴジラ対メカゴジラ』のあらすじ

沖縄海洋博建築技師の清水敬介は、弟の正彦と沖縄の安豆味城跡を訪れ、玉泉洞で不思議な金属を発見した。また、海洋博会場予定地の建設現場では謎の壁画が描かれた洞穴が発見される。壁画には「大空に黒い山が現れる時、大いなる怪獣が現れ、この世を滅ぼさんとする。しかし赤い月が沈み、西から日が昇る時、2頭の怪獣が現れ人々を救う」という予言が刻まれていた。そして予言は的中し、大爆発を起こした富士山の火口からゴジラが出現する。しかし、暴れ回るゴジラの前にもう1体のゴジラが現れる。それは全身がスペースチタニウムで構成されたロボット怪獣・メカゴジラだった。

『ゴジラ対メカゴジラ』のスタッフ・キャスト

『ゴジラ対メカゴジラ』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『ゴジラ対メカゴジラ』に関連する作品