ゴジラ×メガギラス G消滅作戦

ゴジラ×メガギラス G消滅作戦

2000年製作 日本 105分 2000年12月16日上映
rating 2.5 2.5
2 0

『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』とは

「ゴジラ」シリーズ第24作目。20世紀最後となる作品で、空想科学映画としての娯楽性が前面に押し出されている。監督は本作が監督デビューとなる手塚昌明、脚本は『ゴジラ2000 ミレニアム』の柏原寛司と三村渉の共同による。手塚昌明は監督を引き受ける条件として「女性を主人公にする」「超兵器を出す」などを挙げたという。出演は『黒い家』の田中美里をはじめ谷原章介・勝村正信など。怪獣がフルCGで描写されるなど、劇中では3DCGやデジタル合成技術が多用されている。

『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』のあらすじ

1954年のゴジラ出現から度重なる被害を受け続けた日本は、大阪に首都を遷した。1966年に東海村の原子力発電所がゴジラによって破壊され、政府はやむなく原子力発電の永久放棄を決める。打倒ゴジラに執念を燃やす「Gグラスパー」の隊長・辻森桐子は、対ゴジラ兵器「ディメンション・タイド(ブラックホール砲)」の研究を進めていた。ところが、その試射実験によって時空に亀裂が発生、そこから古代昆虫メガヌロンが現れて卵を産み落としていく。やがて卵は孵化してメガニューラとなり、人々を襲って渋谷を水没させただけでなく、奇岩島に上陸したゴジラを消滅させようと襲い掛かる。

『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』のスタッフ・キャスト

『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』に関連する作品