ある天文学者の恋文

ある天文学者の恋文

La corrispondenza / CORRESPONDENCE
2016年製作 イタリア 122分 2016年9月22日上映
rating 3.4 3.4
19 16

『ある天文学者の恋文』のあらすじ

著名な天文学者エドと彼の教え子エイミーは、皆には秘密の恋を謳歌していた。しかし、そんなエイミーの元に突然届いたエドの訃報。現実を受け入れられないエイミーだが、彼女の元にはその後もエドからの優しさとユーモアにあふれた手紙やメールや贈り物が届き続ける。エドの遺した謎を解き明かそうと、エイミーは彼が暮らしていたエディンバラや、かつて二人で時間を過ごしたイタリア湖水地方のサン・ジュリオ島などを辿りはじめ、そこで彼女が誰にも言えずに封印していた過去を、エドが密かに調べていたことを知るが―。

『ある天文学者の恋文』のスタッフ・キャスト

『ある天文学者の恋文』の感想・評価・ネタバレ

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2017年11月23日

    知らないけど、少女漫画原作の邦画みたいな?しかも若干スピリチュアルだ。2人のため世界はあるの〜って前提なので、舞台も時間も周囲の人々も宇宙すらもジェレミー・アイアンズとオルガ・キュリレンコ中心に回る。劇場マナー悪すぎても誰も怒らない。そしてこれが愛よ愛なのよ!と観客も涙に暮れる…訳ねえよ。ジェレミー・アイアンズとくれば勿論インテリ教授で天文学とか高尚そうに持ち出すけど、すべて俗っぽい。更にジェレミー・アイアンズとくれば年の離れた若い女にメロメロになって甘い言葉をささやくのだが、ホントに「それしか」してないんだからスゴい。おめでたいほど優雅…。

  • みゃあー
    みゃあー 3 2017年6月30日

    劇場で観たかったけど 観れなかった作品。 エドとエミリーは冒頭でしか共演がないのに 魔法のようなすぐそばにいるような P.S.アイラブユーには劣るけど素敵な作品。

  • えりこ
    えりこ 3 2017年4月26日

    亡くなった恋人に導かれ、彼の深い愛情を知りながら旅をする女性の物語。 私のお気に入りのジュゼッペ・トルナトーレ監督作品です。 あまり評価は高くないようですが、私は結構心に沁みて、人と人が愛し合う素晴らしさを改めて感じさせられました。 ちょっと変わった手法で進む物語もなかなか面白かったです。

『ある天文学者の恋文』に関連する作品