コントロール

コントロール

Control
2007年製作 イギリス・アメリカ・オーストラリア 119分 2008年3月15日上映
rating 3.8 3.8
32 22

『コントロール』とは

イギリスのロックバンド「ニュー・オーダー」の前身となった「ジョイ・ディヴィジョン」のボーカル、イアン・カーティスの半生を描いた作品。若干23歳で自ら命を経った彼の生涯に迫っていく。同作のメガホンを撮ったのは、U2やオアシスといったミュージシャンの写真を撮り続け、写真家としても活躍するアントン・コービンが長編監督デビュー作品となる。カンヌ国際映画祭や英国アカデミー賞などにおいて数々の賞を受賞した映画だ。

『コントロール』のあらすじ

イギリスの田舎町で19歳のイアン・カーティスは、学生時代から交際していたデボラと結婚をする。その後、職業安定所で働きながらバーナード・サムナーやピーター・フック達とワルシャワというバンドを結成し、それが後のジョイ・ディヴィジョンとなる。職業安定所の仕事を行いながらバンド活動を行なうイアンだったが、ロンドンでの初ライブを終えた帰り道でてんかんの発作を起こしてしまう……。病気の発覚を機に、イアンの心にどんな変化が生まれていったのか?

『コントロール』のスタッフ・キャスト

『コントロール』の感想・評価・ネタバレ

  • めろん餃子
    めろん餃子 3 2015年3月10日

    サムライリーよかった

  • hattin

    墓参りに行った タバコを買い忘れて備える事が出来なかったからワインを墓石に流したら帰り道に雹が降った イアンカーティス くそったれな天才の物語 LOVE WILL TEAR US APARTは永遠の一曲

  • k1ller_aka_tKo
    k1ller_aka_tKo 3 2014年7月26日

    Joy Divisionのリードヴォーカルで若くしてこの世を去った孤高の天才イアン・カーティスの半生を描いた作品。 『オン・ザ・ロード』で好きになった俳優サム・ライリーがイアン・カーティスを演じているのですが、これがイアンに本当にそっくりで驚いた。見開いた目の感じ、鼻の尖り方、すらっとした身長、そしてあの歌いながらくねくねする独特のモーションまで完璧。奥さんが居て子供が居て、仲間が居てバンドが成功したにも関わらず常に思い倦ねるイアン。埋まらない孤独と持病の癲癇に加え、妻・デボラと別の女性・アニークとの三角関係に自分を責め立て泣く場面が何よりも印象的だった。イアンのことをすべて肯定しようとは思わないけれど、この孤独があの内省的な歌詞を生んだのかと思うと納得できた。全編モノクロで撮影されているのも監督曰く「私の記憶の中のジョイ・ディビジョンがモノクロだったのです」というインターヴューを読んでなるほどと思いました。とても救われないけれど、もう一度観たいそんな作品。劇中でJoy Divisionの曲を聴けるのも嬉しい。

『コントロール』に関連する作品