ノーカントリー
ノーカントリー
rating 3.7 3.7
229 30

『ノーカントリー』の感想・評価・ネタバレ

  • YU66 RAMONE
    YU66 RAMONE 4 2017年10月4日

    公開当時劇場で鑑賞し、二度目です。なんとも不気味な殺し屋が二度目も同じように釘付けです。ヘアスタイルと不気味なルールが異様さを醸し出しています。 “OLD MAN”とタイトルにもあるワードがラストに効いてきます。 トミーリージョーンズの温かい眼差しのお陰で、寒々する多くの殺しの場面から癒されます。

  • Yamanaka  Akira
    Yamanaka Akira 3 2016年9月4日

    何とも言えないこの感じ。正直、もっと違ったエンディングというか、期待していた自分もいて、ちょっと混乱。

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2016年4月7日

    僕が映画好きになったきっかけとも言える作品。高校二年生の頃が初鑑賞で今回が二回目。当時は意味が全く理解できず、ぼんやりしていたらいつの間にか映画が終了していました。僕の知らない何かがこの映画にはある…、と得体の知れない真っ黒なイメージと同時に映画への興味関心を増していったのです。それから1000本以上の映画を鑑賞したでしょうか、今になってふと思い出したので再度鑑賞してみました。それでもやっぱりわかりません。 サイコな殺人鬼と切れ者の中年おっさんが追いかけっこする映画、ではないのは明らかです。ラストシーンの大胆すぎるジャップカットがそれを裏付けています。むしろ追いかけっこを俯瞰的に観る保安官の物語と言えます。本作の原題が『No country for old men』だから…、という話は飽きるほど考えました。この国は老人の住むところじゃねえ、でもそれは今に始まったことでもねえ、というところじゃないなにか、壮大な暗喩が隠されている気がしてなりません。「運の善し悪し」がどうもひっかかります。コイントスは何を意味しているのですか?ただキャラクターの形成に使われているだけじゃないと思うのですけど。 何かを意味し、それらはすぐにわからない(もしくは鑑賞後にもわからない)という異常な状態の中で、リキリキと緊張感だけが残ります。僕にはまだこの映画に星5を付けるのは早すぎる気がするので、また6年後に鑑賞することにしましょう。その時までに星5をつけられるよう、頑張ります。

  • Daichi Yamada
    Daichi Yamada 4 2016年3月2日

    原作に出てくる彼女が出てこないので、その分物足りない。

  • 木下

    とにかく不気味。ずっと続く緊張感に不安感。BOSSのおじさんの親近感だけ、ホッと一息つける映画。日本版リメイクするなら山本吉貴さんがいいと思います。

  • いっちー村
    いっちー村 4 2015年11月17日

    静かに迫られる感じと、3人の人物の交差する感じが面白い作品でした

  • Gin

    ストーリー 荒野で行われたギャング同士の取引、しかし破談の末の銃撃戦によりそこには大金が残される。偶然にもその金を手にした男・モスと、モスを追う殺し屋・シガー、そして事件を追う保安官・ベル。 変革期のアメリカが、出会うことのないはずの"異質"を引き合わせる... 緊張感があるね、どのシーンも見逃せない。それでいて静かだから余計に怖い。 ハビエル・バルデム演じる殺し屋・シガーは名誉や金の力が効かない、ある意味話の通じない男だから恐ろしい。 長年テキサスで保安官を勤めるベルのジレンマもこの世界観の陰影をハッキリさせてくれる。 余計なものを削ぎ落とした分、たっぷりの間で語られるこの技術、お見事だわ。

  • Ryoco

    麻薬絡みの汚染された金のために翻弄される登場人物達が良い。 序盤のハビエル・バルデムが強烈なインパクトを与える❪オカッパヘアーと殺人シーン❫。 でもストーリーが進むにつれて殺人シーンも映さず観てる側の想像力に任せるような演出がハラハラさせられたり不安感を煽られたり面白い構成でした。 ジョシュ・ブローリン、鋼の男キャラかと思ったけどプロの始末屋と素人の違いが浮き彫りなのが観て分かるから生々しい。

  • yone

    プシュッ

  • Kotomi

    悪役のキャラが濃い。武器も変わってて、使うまではあれで人を殺めるとは思わなかった。あんなのに追われたらたまったもんじゃない。緊張感のある渋い映画でした。

  • Yu_san

    悪いお金を巡って、おかっぱ殺人鬼が悪党(かわいい妻有り)を追い詰める…というお話。…を軸に、麻薬とそれにまつわる汚れたお金によってすさんでくアメリカを嘆きいとおしむ内容。 西部の渇いた空気感、殺人鬼シガーによる血生臭さ、保安官役のトミー・リー・ジョーンズのほっこりとした渋さ、などなどを織り交ぜつつ淡々と展開されていきます。 ものすごい眠気にさいなまれ苦しみました。つまらない映画ではないと思います。ただわたしには渋すぎました…。

  • あくま(;D)
    あくま(;D) 4 2015年4月5日

    面白かった!! 007スカイフォールで惚れたハビエル・バルデムの狂気が観たくて視聴。しっかり狂ってました。 悪役が映える作品って本当にいいね。凄く面白かったです。

  • lessmore
    lessmore 3 2015年3月31日

    コーエン兄弟作品鑑賞3作目ですが、抽象的なメッセージ感は感じれず、異常な社会の恐怖が描かれていた。 優れていると思うのは、映像で伝わってくる緊張感、臨場感 追う者も追われる者も救う者も優れているが何も解決しない恐怖 覚悟して生きろとでも言えそうな作品

  • 闇とっとり
    闇とっとり 4 2015年3月27日

    こえーわ!てかなんだよあの謎兵器! わるいことはするもんじゃないなと学べる映画。

  • Tetsuaki
    Tetsuaki 3 2015年3月21日

    変な髪型殺人鬼 シガー ”ハビエル・バルデム” の圧倒的な存在感を楽しむ映画。 BGMが無くバイオレンスを前面に出した作品だが、俺には何か物足りない… 音が無い… 音楽が無い… やっぱり映画には音楽が必要! 音楽が無い映画は退屈だぁ~!!

  • 高嶋 諭
    高嶋 諭 3 2015年3月9日

    最後の方まではスゲェ好きなんだけども、オチがやっぱりよくわからない。アメリカ人にしか理解できない感覚?

  • Kuniaki Masai
    Kuniaki Masai 3 2015年2月10日

    忍び寄るシガーがジェイソンばりに怖かった。。

  • 石ゆ

    クールでかっこよい

  • Lin  Okui
    Lin Okui 4 2015年1月16日

    無骨なおじさんたちのハードでヘビーな物語でした。宇宙人ジョーンズが出てる。最後の謎めいた台詞が意味不明。だけど気になる。画面の存在感・空気感に独特な味わいがありました。おいしいかまずいかは別なんだけど。監督コーエン兄弟の味なんでしょうね。

  • shin

    ギョロ目のおかっぱ男が金を持ち逃げした渋い中年男を追いかけ、殺戮を繰り返す映画。といっても安っぽいバイオレンス映画ではなく、物語全体を通してどことなく上質な雰囲気が漂っている。BGMもかからず淡々とストーリーが進んでいく静けさと、その中で際立つシガーの異常な存在感に圧倒された。