太陽を掴め

2016年 日本 89分
rating 0 -
0 1

「太陽を掴め」のあらすじ

渋谷のライブハウス。場内は熱気に溢れ、楽屋ではヤット(吉村界人)がステージに向かう準備をしている。 ユミカ(岸井ゆきの)とタクマ(浅香航大)はその上の階、ひと気のないフロアで親密そうに話をしている。バンドの音色が漏れ聞こえてくる。もうすぐライブが始まろうとしている。 ヤットがステージに立つ。叫ぶような歌声が、鳴り響くーー。 元子役で現在はミュージシャンとして活動しているヤット、フォトグラファーのタクマ、タクマの元恋人であるユミカ。 三人は、高校時代の同級生。 タクマが撮る写真は評判よくヤットの人気に繋がっている。 一方で、ヤットはユミカに想いを寄せており、タクマに対して複雑な感情を抱いていたのだった。ユミカもまたヤットのことを気に掛けつつ、タクマとあやふやな関係を続けていた。 タクマがサラ(三浦萌)と家に戻ると、プル(森優作)が上がりこんでいた。 タクマは、ハッパのブローカーという裏の仕事に手を出しており、ハッパに依存しているサラとプルはしばしばタクマの部屋で狂乱の夜を過ごしていた。 ある日、そこにユミカも訪れて…。

「太陽を掴め」のスタッフ・キャスト

「太陽を掴め」に関連する作品