メッセージ
メッセージ
ARRIVAL
2016年製作 アメリカ 116分 2017年5月19日上映
rating 3.7 3.7
112 27

『メッセージ』の感想・評価・ネタバレ 2ページ

  • ちゃんもりー
    ちゃんもりー 3 2017年6月10日

    引き込まれた! 良い映画

  • 保津稔
    保津稔 5 2017年6月10日

    なんでこんなに感動したのか…とりあえず見終わったら世界がビビッドに見える系。「ミスター・ノーバディ」と「ぐるりのこと。」を思い出した。パートナーと見に行って正解やったし、サントラも買った。

  • TM

    自分が一生思いつかないような概念の話だった。ドキドキして観れた。けど、ばかうけ。完全にばかうけ。

  • Tanaka_Hirofumi
    Tanaka_Hirofumi 3 2017年6月3日

    科学者が人類の危機に仕事をするということがもう自分はそれだけでわくわくするんですけど、個人的にはその点が見どころで、あとはなんかいろいろ腑に落ちないので期待していたほど面白いと思いませんでした

  • 福庭恭平
    福庭恭平 3 2017年6月1日

    なんとなく不満が残って消化不良になったのは物語が綺麗に終わって余韻もなにもない割に地味だったからかな 63本目

  • あぃ

    終始暗い感じだったけど、ちょっと今までにはない感じの宇宙人

  • かにみ
    かにみ 4 2017年5月28日

    よくある侵略者では無く友好的だけどコミュニケーションが取れない 正解するカドみたく問題はエイリアンじゃなくそれに対応する人間、国関係てのが面白かったしエイリアンが伝えたかったものも感動した 音楽音響も映画館で見て正解

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2017年5月28日

    一人の言語学者が突如として現れた謎の巨大な浮遊物体の調査を依頼される。 類似する映画には『インター・ステラー』『コンタクト』などが挙げられます。共通点としては最終的な映画の着地点が人間的であることにある。SFの末にある愛に、何か究極的なものを感じます。まるで真理を除いたかのような感覚を得られます。監督のドゥニ・ヴィルヌーヴが「ばかうけをイメージした」というジョークで知られる謎の飛行物体も『2001年宇宙の旅』に登場するモノリスのような雰囲気。何かインスパイアをされているのでしょうか。真理とはばかうけなのでしょうか。 映画は一つの見事なアイディアによって支えられています。こんな映画表現は観たことも想像したこともありません。実にスマートに鮮やかにこれだけのことをやってしまう非常にパワフルな映画と言えるでしょう。このアイディア一点だけでも十分に見る価値の映画になっています。 アカデミー賞音響編集賞を受賞したのがよくわかります。印象的なのが人間の発声をモールス信号のようにリズムをとった不思議な音楽。アナログとデジタルとが混在する、まさに本作にぴったりの音楽でした。地面が轟々と揺れる音など殻内での音響も充実。最高の音質で観るべく、絶対に映画館へgoです。 自称強者映画オタクたちの頭に大量のクエスチョンマークを発生させた『複製された男』で知られるドゥニ・ヴィルヌーヴ。佳作『ボーダーライン』を経て、ようやく誰にでもわかる映画で自身の作家性の表現に成功しているかのように思います。ただ難易度が下がりすぎたせいか、『複製された男』のような想像の余地は残されていません。SF映画の魅力の一つに、鑑賞後の想像があると思っているので、しっかり答えまで出された本作には少しだけ不満。完全にわがままです。

  • さくら
    さくら 3 2017年5月26日

    途中で一時停止をして考えたくなる作品だった。宇宙人との交流。文字を理解していくごとに変わっていく彼女の価値観と、彼らの真の目的。壮大なSFだったはずなのに、こんな個人的な家族愛の話になるのね。迷わずその未来を選ぶために今を生きることを決めたルイーズに涙流れる。

  • flowermurmur
    flowermurmur 3 2017年5月25日

    例のでっかいばかうけが出てる映画ですけれども、わたしの理解力がないのでしょうか、さっぱり意味がわかりませんでした。そもそも原題が"arrival"じゃん。メッセージじゃないじゃん。過去の話?未来の話?誰か解説して欲しい。 ばかうけ、日本にも来てるのにまるで空気のように存在が無視されてた。しかも北海道に来たはずなのに映ったの新宿だったし(スカートビルっぽいのが見えた)。 中国が中国がって、中国政府全面推しなのもなんか解せない。誰か解説を(笑)。

  • slope

    なかなか難解な映画 町山智浩さんの解説を観てなんとなく理解 全体的に映像が暗かったのが少し残念。リアリティーの追求なのか。 もう一度観たい

  • moco02

    ただばかうけに似た物体が地球にやってきて悪さする、というありきたりな映画ではなかったです。。はじめ地味すぎて寝そうになったけど、後の方からどんどん面白い。 しかもあのばかうけ、悪さしません。 ただ宇宙人と戦ったり怖がらせるんじゃなくて、すごく人間らしさが根底に流れてて、ありそうでなかったSF!! 相互理解とか、コミュニケーション…の成り立ちがとっても丁寧に描かれています。 自分の当たり前は、相手にとってもそうとは限らないんだよー、ということを未知の物体との遭遇を通して伝えてくれる、すんごい映画です。 本格的な論文を読んでいる気持ちになります。 途中上手くいきすぎて驚きますが、そこは重要ではありません。。 宇宙人のビジュアルと文字のデザインとても良かったな。 きれいで斬新。 最後の主人公の決断がー! なんて勇気があるのでしょう。

  • tophelos
    tophelos 0 2017年5月22日

    さすがドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、久々に映画で純粋なSFの感動を味わった(原作未読で鑑賞したためかも)。映画的な演出が見事で、原作との違いも気になるところ。近いうちに読もう。

  • Ryutaro Hodai
    Ryutaro Hodai 4 2017年5月22日

    素晴らしい。原題はarrivalらしいが、珍しく邦題が当たってた。

  • snowfalcon
    snowfalcon 4 2017年5月21日

    現実的にありそうなストーリーがすごい見入ってしまいました。言語学の素晴らしさを感じました。

  •  みーぱぱ
    みーぱぱ 3 2017年3月23日

    2017年 25本目 機内にて鑑賞