お嬢さん

お嬢さん

Agassi
2016年製作 韓国 145分 2017年3月3日上映
rating 4.1 4.1
21 8

『お嬢さん』のあらすじ

舞台は1939年の朝鮮半島。膨大な蔵書に囲まれた豪邸から一歩も出ずに暮らす華族令嬢・秀子(キム・ミニ)のもとへ、新しいメイドの少女スッキ(キム・テリ)がやってくる。実は詐欺師一味に育てられた孤児のスッキは秀子の莫大な財産を狙う詐欺師(ハ・ジョウン)の手先だった。詐欺師は「伯爵」を名乗り、スッキの力を借りて秀子を誘惑し、日本で結婚した後、財産を奪う計画だ。スッキはメイドとして屋敷に入り込むことに成功するが、秀子お嬢様に使えているうちに、美しく純真で孤独な秀子に惹かれていく。そして秀子も献身的なスッキに心を開いていく…。そして物語の幕開けから60分、我々は予想だにしなかった展開に目を見張ることとなる。

『お嬢さん』のスタッフ・キャスト

『お嬢さん』の感想・評価・ネタバレ

  • Daiki Kinoshita
    Daiki Kinoshita 4 2018年4月28日

    めっちゃ細かく作り込まれた良い映画だと思う。 韓国映画に多い、エロさは映画の美徳感が全面に出ていたが、このジメっとした感じは結構好き。 緻密に練られた台本でありながら、惹かれ合う女達の物語であり、秀子の人生を表現した映画っていう感じ

  • ちくわぶ
    ちくわぶ 4 2018年4月27日

    2018/04/26 スターチャンネル 超〜よかった。 美しすぎる。「中国の植物学者の娘たち」がムチャクチャツボだったのでコレも好きでしょ〜ってなんとなく見たけど好きだ…!ヌルっとズーム(移動?)してくカメラワークが面白かった。

  • しょうちゃん
    しょうちゃん 4 2017年11月19日

    舞台をヴィクトリア時代のロンドから日本統治下の朝鮮半島に移して映画化。 莫大な遺産を相続する日本人令嬢と、 その財産を狙う詐欺師の片棒を担ぎ侍女として令嬢に近づいた孤児の少女が辿る驚愕の運命を、 過激な性愛描写を織り交ぜサスペンスフルかつ官能的に描き出す。 原作は未読。 映画は三部作構成で、 第一部はスッキの視点で、 第二部は秀子の視点で、 ラストに向けての第三部で描かれてます。 第一部と第二部は視点が違うだけで、 第一部とほぼ同じ展開の裏側を見せてくれます。 第一部のラストは衝撃過ぎました。 どんでん返しの展開は面白い。 全体的に濡場はエロさは感じませんでしたので、 スケベ目的で観てもガッカリするかもしれません。 叔父の上月が初夜の様子を詳しく聞きたがるくだりが面白く、 ただのスケベじじいでした。 水槽に入っていた巨大なタコは何かあるかと思っていたけど特にありませんでした。

『お嬢さん』に関連する作品