夜は短し歩けよ乙女

2017年 日本
rating 3.7 3.7
38 26

「夜は短し歩けよ乙女」のあらすじ

クラブの後輩である”黒髪の少女”に思いを寄せる”先輩”は今日も「なるべく彼女の目にとまる」ようナカメ作戦を実行する。 春の先斗、夏の古本市、秋の学園祭、そして冬が訪れて…。 京都の街で、個性豊かな仲間たちが次々に巻き起す珍事件に巻き込まれながら、季節はどんどん過ぎてゆく。 外堀を埋めることしかできない”先輩”の思いはどこに向かうのか…?

「夜は短し歩けよ乙女」のスタッフ・キャスト

「夜は短し歩けよ乙女」の感想・評価・ネタバレ

  • Pelucy
    Pelucy 5 7月3日

    森見ワールド炸裂!という感じでした!森見さんの書く作品は文章や展開が独特で、初めて読んだ時はさらさら読むことが出来ず、何度か中断しては再読し‥‥の繰り返しでしたが今ではこの独特さが大好きです。今回の映画は本に忠実に描かれているのでおそらく原作を読んでいなければなかなか理解するのが難しいだろうと感じました。森見さんの作品が好きな方、夜は短しを読んだことがある方にはオススメです♪星野源さんの吹き替えも、原作のイメージを崩すことなく、とても合っていました♡

  • Beeee
    Beeee 4 6月25日

    本の時から好き。 アニメも満足出来た。 黒髪の乙女になりたい。 真っ直ぐ。

  • Tanaka_Hirofumi
    Tanaka_Hirofumi 3.5 5月13日

    乙女のキュートさ(羽貫さんの美しさもまたよし)や、ばかばかしい面々のにぎやかな阿呆騒ぎの楽しさは、ビジュアライズされるとやはり楽しい。ただ活字好きの森見フアンとすると、原作の解釈に無理があったり、詰め込みすぎと違うかと思ったり、変にオリジナリティが強調されていて、四畳半ほどには原作愛が感じられなかったことが残念。四畳半神話大系のアニメ表現の常識を覆すモノローグが銀幕でも見たかった。

関連する記事

「夜は短し歩けよ乙女」に関連する作品