アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
I, Tonya
2018年製作 アメリカ 120分 2018年5月4日上映
rating 3.7 3.7
16 8

『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』の感想・評価・ネタバレ

  • naho
    naho 3 6月10日

    環境はやっぱり悪い選択に導くな〜と可哀想だった。 でも、トーニャが愛されて満足のいく家庭に育ってたら トリプルアクセルは飛べなかったかもしれない。 運命は自分で作り出すものだと思ってるけど 人生って難しい。 音楽と殴られたら殴り返すトーニャが好きだった。

  • YOU

    1994年のナンシー・ケリガン襲撃事件をユーモアかつドキュメンタリーチックに再現した作品であり、事件の中心人物である元五輪スケートアメリカ代表選手トーニャ・ハーディングの生涯を描いた今作は、彼女を演じたマーゴット・ロビーの集大成を見たような作品です。 また、スケートを映画で表現するとあんなにもアクティブで美しい画になるんだという新鮮な感覚にもなりました。それに説得力を持たすマーゴット・ロビーは本当に素晴らしいです。 そして、彼女の周りを固めるキャスト陣も最高です。セバスチャン・スタン演じる最低のDV夫ジェフや、暴力により娘をしつける冷酷な目が恐ろしいアリソン・ジャニー演じる母親のラヴォナが印象深いしインパクトが強い。トーニャと母親ラヴォナが終盤で再会してからのあの展開は、切なくもあり残酷でした。 時間が空いていたのでふらっと映画館へ行き鑑賞した作品ですが、すでに自分の今年度上位作品となりました! 面白いけど切なく、でも元気の貰えるような誰でも楽しめる爽快な作品です。

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2018年6月27日

    濃い人々が濃い空間に入り乱れひしめき合い、どつき合い、やがてあの襲撃事件へ雪崩れ込む。これはホワイトトラッシュ版『グッドフェローズ』だ。実際の競技で使用した訳ではなくサントラとして時代を彩る80S音楽、暴力的な群像、一夜の栄光と止まらない転落、理想の家族と愛憎、アメリカン・ドリームの神話。少なくともFワードの数ではスコセッシに匹敵するはず! トーニャはたびたび断言する「あたしのせいじゃない」…確かにそうかもしれない。そもそもこんな階層格差を作り出した社会のせいかもしれないし、その中で卑屈になるのも仕方ない。但し、映画は愚かで滑稽な悪足掻きを見せるトーニャとそのファミリー、コーチたちを客観的にも同情的にもジャッジしない。それぞれの主観で、トーニャを中心にお互いの姿が多面鏡に反射する。勿論、愛されるか憎まれるか両極端なアメリカの映し鏡なのだけど、呆れ笑っちゃうほどみっともない彼らの姿に心が痛んでしまう。輝かしい瞬間のトーニャ自身にちょっと泣けてくる。だが、世間に消費された彼女の物語もOJに取って代わられるのだ。 大股を広げ、スケートのエッジで煙草を踏み消し、リンクへ戦いを挑むトーニャはボクサーの入場シーンそっくり。マーゴット・ロビーの凄みには惚れ惚れする。セバスチャン・スタンも座り方が一目で「ああいう男」の説得力あり。アリソン・ジャネイの素晴らしさは言わずもがなだし、ほんとに肩に鳥乗せてるご本人の迫力も凄かった。当時のフィギュアスケートも五輪もリアルタイムで観てるだけに、尚更迫真的だったけど、これがすべて真実と限らないのがミソ。だからこそ神話として扱ったのが絶妙で、6.00 6.00 6.00 6.00 6.00!って採点出しちゃうしかない。

  • Minori

    この事件を知らなかったし、トーニャ目線で描かれているからどうしてもトーニャの味方になってしまいそうになるけど、"貧乏は理由にならない"ってコメントしてるスポーツ選手がいて、少し冷静になった 真実は誰にも分からないけど、家庭環境が彼女の人格形成に影響を与えたのは事実だろうな

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2018年5月24日

    強烈な母親とDVのアホ彼氏を持つトーニャはスケートの才能を開花させ、アメリカンドリームを掴むが……。 とんでもない才能(努力できる才能も含め)を持っていながら、それらが環境によってどのように左右されるのかがよくわかる。登場人物がみんなバカでイライラするのですが、実はそれは人を蔑むニュースを観て楽しんでいる我々世間にも向けられる。バカにしていた対象が、実は自分自身を含んでいたことに気づきます。面白いなあ。 マーティン・スコセッシ感が非常に強い映画です。主人公の一存だけでなく環境によってその人生が大きく変わっていく感じや、半生をコミカルに描くという構成もスコセッシっぽい。ただスコセッシはもう少しバカで下品なんですよね。この映画は大変クレバーでそこがちょっと違うか。 思いっきりCGを使ったスケートシーンはむしろ好感が持てますね。このフィクション感が物語の雰囲気と合っている。

  • 板東重夫
    板東重夫 4 2018年5月21日

    ほんまかな?

  • chuchupachups
    chuchupachups 4 2018年5月9日

    登場人物強烈でテンポよく、カメラワークも面白くて、映像作品として期待以上だった! スパルタな教育を受けても、夫から暴力受けても、マスコミや世間があることないこと騒いでも、大会に出たなんてトーニャは強いなあ

  • しょうちゃん
    しょうちゃん 4 2018年5月8日

    世界中に衝撃を与えた“ナンシー・ケリガン襲撃事件”の中心人物トーニャ・ハーディングの壮絶な半生を映画化した伝記ドラマ。 フィギュアスケート史上最大のスキャンダルの知られざる真相を、 トーニャと母親の歪んだ愛憎関係を軸に、 ユーモアを織り交ぜつつ赤裸々かつ軽妙なタッチで描き出す。 1994年に起きた“ナンシー・ケリガン襲撃事件”は覚えているが、 全容までは知らなかった。 事件から24年の時を超え、 今ナンシー・ケリガン襲撃事件が蘇る。 なぜ今、 トーニャ・ハーディングがクローズアップされるのかは分かりませんが、 彼女が人気選手から人生のどん底へと落ちたスケート女王の半生が明らかに。 登場人物のキャラたちが強烈すぎ。 DV男のトーニャの元夫。 言葉の暴力で支配する母親のラヴォナ。 自称元謀報員のトーニャのボディガード。 トーニャの演技を追いかける、 ダイナミックなカメラワークで見せるスケートシーン。 これは見応えありました。 時代を反映する懐かしのナンバーも多用されている。 ラヴォナの肩に乗る小鳥も笑わせてくれる。

  • minako

    めっちゃ面白かった!!! どんな状況に置かれてもひたすら強く生きるトーニャの姿に感動した。 トーニャの演技にも表れているように、世間の目にどう映るかよりも、自分の生き方を貫くことに一生懸命なところに、とても勇気をもらいました。