皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ

Lo chiamavano Jeeg Robot
2015年製作 イタリア 119分
rating 3.3 3.3
5 0

『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』のスタッフ・キャスト

『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』の感想・評価・ネタバレ

  • しょうちゃん
    しょうちゃん 3 2018年1月18日

    イタリアでも放送され人気を博した日本のTVアニメ「鋼鉄ジーグ」をモチーフに、 イタリア映画初の本格スーパーヒーロー映画として撮り上げた異色のクライム・アクション。 ひょんなことから超人的パワーを持った孤独なチンピラが、 アニメ「鋼鉄ジーグ」に憧れる女性との交流を通じて次第に正義に目覚めていくさまを、 過激なバイオレンス描写を織り交ぜダークな筆致で描き出していく。 「鋼鉄ジーグ」とは永井豪原作のSFアニメで、 サイボーグの主人公・司馬宙が巨大ロボットの頭部へとトランスフォーム、 接合部分が磁石となったパーツと合体した“鋼鉄ジーグ”となって悪を倒す物語。 超合金のおもちゃは持ってました。 物語はその「鋼鉄ジーグ」の実写化などでは決してなく、 主人公はジーグに似ても似つかない。 アメコミみたいなハデな演出は一切ありません。 主人公が放射性廃棄物っぽいドラム缶の中に落ちてしまって、 超人的なパワーを獲得する展開は「悪魔の毒々モンスター」を思い出す。 超人的なパワーを手に入れたとたん、 ATMを壊して現金を盗み、 大量のエロDVDと大量のヨーグルトとローションを買うのは笑える。 孤独なチンピラのエンツォがヒーローに目覚めていく過程が丁寧に描かれ、 イタリアならではのヒーロー映画だと思います。

  • 錆犬

    2017/05/31 センチュリーシネマ 皆は呼んでいない。

『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』に関連する作品