新仁義なき戦い 組長の首
新仁義なき戦い 組長の首
1975年製作 日本 94分 1975年11月1日上映
rating 3.5 3.5
1 0

『新仁義なき戦い 組長の首』のsouthpumpkinの感想・評価・ネタバレ

southpumpkin
southpumpkin 3 2017年2月6日

舞台を九州に移したシリーズ。お決まりのメンバーは登場するも全て新キャラクターです。菅原文太のキャラクター造形が他の作品と少し異なります。菅原文太演じる黒田は流れ者。出所後、九州の組で盃を交わしますが、どうにも内部からは鼻つまみ者。組長となった男の首を黒田自身が狙いに行くのが本作のクライマックスです。旧シリーズが、若者たちの死を苦々しげに見つめる菅原文太だったのに対して、本作は自身がその若者たちになる。 クライマックスではカーチェイスシーンがあります。どうにも新シリーズになってから、派手なクライマックスが多い気が。これは深作の意向というよりも東映の意向のような気がしてなりません。 ただ本作では二人の女性が描かれている点として仁義なきシリーズとしては目新しい。裏稼業の妻らしからぬ一人の男に一途な女、そして権力に対して虎視眈々と執着する女、二人が対称的に、そして魅力的に描かれています。ひし美ゆり子まじかわいい。 バーテンに千葉真一がカメオ出演していたとのこと。気づかなかった。