台北ストーリー

台北ストーリー

青梅竹馬 Taipei Story
1985年製作 台湾 119分 2017年5月6日上映
rating 3.8 3.8
4 4

『台北ストーリー』のあらすじ

台北市内のガランとしたマンションの空き家を訪れる男女二人。女は、ステレオをあそこに、テレビはここに、と夢を膨らませている。男は気のない様子でバッティングの素振りのフォームをしながら「内装に金がかかりそうだ」、「わたし、今度昇進するから大丈夫」。 女はアジン。不動産ディベロッパーで働くキャリアウーマンだ。男はアリョン。少年時代はリトルリーグのエースとして将来を嘱望されていたが、いまは家業を継ぎ、廸化街で布地問屋を営んでいる。二人は幼なじみ。過去にはそれぞれいろいろとあったようだが、なんとなく付き合いが続いている。 順調に思えたアジンの人生だったが、突然勤めていた会社が買収され解雇されてしまう。居場所を見失ったアジンは、アリョンの義理の兄を頼ってアメリカに移住し新たな生活を築こうと、アリョンに提案する。しかしアリョンにはなかなか踏ん切りがつけられない。ここには少年野球の仲間もいるし家業もある。一度は決心して資金を作るため家も売るが、昔気質のアジンの父親が事業に失敗するとその肩代りに奔走することになる。 すきま風が吹き始める二人の間に、ある過去の出来事が重なり、そしてやがて思いもよらない結末が訪れる……。

『台北ストーリー』のスタッフ・キャスト

『台北ストーリー』の感想・評価・ネタバレ

  • 錆犬

    2017/07/07 元町映画館 エドワード・ヤンは好きな監督の一人となった。他のも観てみたい。

  • Junichi  Nakamura
    Junichi Nakamura 0 2017年6月6日

    20170605 JB

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2017年3月19日

    一足早く試写会で鑑賞。幼馴染の男と女がアメリカへの移住を考えるが、そう簡単にはいかない。 正直に書けば鑑賞後はクエスチョンマークが浮かびました。何かを示唆しているようでそれがイマイチ掴めません。プレスを拝見すると重要なことが書かれており、それによってようやく理解が始まりました。主人公男女は台湾の過去と未来を象徴しているのです。男は過去、女は未来。そう言われてみればあらゆるシーンがその暗喩になっています。"男は気のない様子でバッティングの素振りのフォームをしながら「内装に金がかかりそうだ」、「わたし、今度昇進するから大丈夫」。”今思い返せばこの時から暗喩が始まっていたのですね。鳥肌立った。このように男は過去に固執し、女は過去から離れようとする。男は過去なので想像通り何をやってもうまく行きません。でも未来の女もうまくいっているとは言えない。日本好きな若者に混じって、台北の夜を疾走するシーンなんかは思い返せば胸がぎゅうぎゅうになります。都市における過去と未来が現在で混濁している様子を淡々と描いている名作と言えるでしょう。フェリーニでいうローマが本作でいう台湾なのでしょう。

『台北ストーリー』に関連する作品