博徒外人部隊

博徒外人部隊

1971年製作 日本 93分 1971年1月12日上映
rating 3 3
1 0

『博徒外人部隊』のスタッフ・キャスト

『博徒外人部隊』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2019年7月30日

    10年ぶりに娑婆へ出たやくざ者が残った子分らを連れて沖縄へ進出、一旗揚げる。 1973年『仁義なき戦い』で円熟を迎える深作欣二ワールドの片鱗を垣間見る1971年の作品。実録と任侠のちょうど間のような映画です。どちらかというと任侠モノのイメージが強い鶴田浩二が主演、脇を固めるのが安藤昇、若山富三郎、さらに渡瀬恒彦が子分役で登場し、小池朝雄も子分役で出演。実録から遡って鑑賞するとどうも特殊な編成な気がしてなりません。時代背景こそ実録ですが、展開のわかり易さは任侠。特にクライマックスなど『昭和残俠伝』を思わせます。 映画は異国情緒溢れるひと昔前の沖縄。飛行機の轟音の間に銃をバンバン撃つやつはどこかで似たようなのを観た気がするんですがどこだっけなあ。

『博徒外人部隊』に関連する作品