未来のミライ

未来のミライ

2018年製作 日本 98分 2018年7月20日上映
rating 2.8 2.8
26 7

『未来のミライ』とは

『おおかみこどもの雨と雪』や『バケモノの子』を世に送り出してきたスタジオ地図による長編アニメ映画3作目。『時をかける少女』、『サマーウォーズ』なども手掛けた細田守が監督を務め、4歳の少年・くんちゃんと未来からやってきた妹・ミライちゃんの冒険を描く。くんちゃんの声優には、『君の名は。』で宮水三葉の声を務めた上白石萌音の妹・萌歌が抜擢。ミライちゃんの声優は、細田作品3度目の参加となる黒木華が務める。その他星野源、麻生久美子、役所広司らが脇を固める。製作決定時、邦題ではなく英題が『Mirai』であることが先に発表されるなど海外進出を重視しており、第71回カンヌ国際映画祭では「監督週間」に選出された。

『未来のミライ』のあらすじ

4歳の少年・くんちゃんは、これまで自分に注がれていた両親の愛情が、生まれたばかりの妹・ミライちゃんに奪われたと感じ、もんもんとした日々を過ごしていた。そんなある日、くんちゃんの前に、未来からやってきたという学生服を着たミライちゃんが現れる。くんちゃんは妹・ミライちゃんに導かれて、両親の子供時代である過去にタイムトラベルするのであった。そこで幼いころの母や青年時代の曽祖父、かつて王子だったという謎の男と出会い、くんちゃんは兄として成長していく。 不思議な体験をしたくんちゃんが最後にたどり着いた場所とは――?

『未来のミライ』のスタッフ・キャスト

『未来のミライ』の感想・評価・ネタバレ

  • 市川林太郎
    市川林太郎 5 18日前

    家族の絆を感じるすてきな作品でした。

  • Baro
    Baro 3 19日前

    くんちゃんがちょっぴり成長する物語。くんちゃんが癇癪を起こすたびに起きる、不思議なできごと。不思議なできごとなのだけれど、全て今と繋がっている。ストーリーは全体的に穏やか。アニメーションはとても美しかった。細田監督のテーマは家族なんだな、と思った。

  • まつり
    まつり 2 20日前

    待ち合わせの時間調整で一本。ちょうどよい時間帯だったので視聴。いろんな意味で成長を感じた。 観賞したのは封切り直後くらいだったので映画館はほほ満員だった。ファミリーよりも断然カップルが多く、一人で入ったのをやや後悔した。普段は館内中央あたりの席をとるがギリギリで滑り込んだので席は最前列の端っこ。首を斜めにしてスクリーンを見上げる格好だった。 実をいうと「おおかみこども」以降あまり監督の作品が好きくない…。「時かけ」と「サマーウォーズ」がドはまりだったのでたぶん脚本家さんに惚れてるんだと思う。そういうわけだし、レビューは辛口ばかりだしであまり期待せずに見た。 スクリーン最前列、集中できるか?できないか?くらいで丁度いい…不思議。発見した感じがした。集中して見ちゃいけないんだ。流して見るのが自分にはちょうどよい。 くんちゃんも成長したし、ストーリー的にも悪者をつくらず物語を展開してくところに今までにない何かを感じた。だからといって好きかと言われたら苦笑いだけども。 今作見終わったあと「時かけ」を見たんだけど、やっぱりSFの超展開はあれど「この不思議空間はきっと未来技術のなせる業!」とある程度視聴者の妄想で補完できる範囲なんだよな。急に犬がああなったり、たかだか数十年のうちにそんな高度な…そして確実にタイムポリス案件な事案が発生したり。となりに青いタヌキがいたら全部納得できるけど…と思った。

『未来のミライ』に関連する作品