未来のミライ

未来のミライ

2018年製作 日本 98分 2018年7月20日上映
rating 2.8 2.8
40 4

『未来のミライ』とは

『おおかみこどもの雨と雪』や『バケモノの子』を世に送り出してきたスタジオ地図による長編アニメ映画3作目。『時をかける少女』、『サマーウォーズ』なども手掛けた細田守が監督を務め、4歳の少年・くんちゃんと未来からやってきた妹・ミライちゃんの冒険を描く。くんちゃんの声優には、『君の名は。』で宮水三葉の声を務めた上白石萌音の妹・萌歌が抜擢。ミライちゃんの声優は、細田作品3度目の参加となる黒木華が務める。その他星野源、麻生久美子、役所広司らが脇を固める。製作決定時、邦題ではなく英題が『Mirai』であることが先に発表されるなど海外進出を重視しており、第71回カンヌ国際映画祭では「監督週間」に選出された。

『未来のミライ』のあらすじ

4歳の少年・くんちゃんは、これまで自分に注がれていた両親の愛情が、生まれたばかりの妹・ミライちゃんに奪われたと感じ、もんもんとした日々を過ごしていた。そんなある日、くんちゃんの前に、未来からやってきたという学生服を着たミライちゃんが現れる。くんちゃんは妹・ミライちゃんに導かれて、両親の子供時代である過去にタイムトラベルするのであった。そこで幼いころの母や青年時代の曽祖父、かつて王子だったという謎の男と出会い、くんちゃんは兄として成長していく。 不思議な体験をしたくんちゃんが最後にたどり着いた場所とは――?

『未来のミライ』のスタッフ・キャスト

『未来のミライ』の感想・評価・ネタバレ

  • sa_yu
    sa_yu 4 1日前

    くんちゃんかわいかった(*´∇`*) 自分の家系のこともふりかえる機会になった!

  • 剣豪
    剣豪 3 1日前

    これまでの細田監督作品のノリを期待すると肩透かしをくらうだろう。 自身のプライベートをモチーフにされたという監督が、幼い子供のの心に寄り添って描いたソフトな作品。 自分が同じような幼い子の親ということで共感できることの加点で、世間の平均的評価より高めの採点になっていると思う。

  •  みーぱぱ
    みーぱぱ 2 1日前

    2019年 34本目 地上波にて

関連する記事

『未来のミライ』に関連する作品