ジュラシック・シティ (2014)

Jurassic City
2014年 アメリカ
rating 1 1
1 0

「ジュラシック・シティ (2014)」のスタッフ・キャスト

「ジュラシック・シティ (2014)」の感想・評価・ネタバレ

  • shortpeacehorse

    はい、久しぶりにこんなの。 正直こういった作品を観て、やれ酷いだの、やれ安っぽいだの言うのは嫌だ。デカデカと髑髏マークが描かれた瓶の中身を飲んで「毒だったよ!!」って叫んでもナンセンスだと思うから。見たらわかるっつぅの、と。 さて、それではここから個人的なレビュー。一言で言うと「安っぽくて酷い作品でした」 …まぁくだらない冗談は置いておくとして。B級作品としては下の中くらいの作品だと思う、キャラ付けや舞台等の味付けは悪くないのにいかんせんチープさが前面に。そもそも絶対的にコストが不足しているのにジュラシックワールドをやろうとしてしまっているから残念な事になっている。勿論残念なところはグラフィック面だけでない。ライフルを何発喰らってもビクともせずに突撃してくる恐竜が、囚人とタイマンしてボッコボコにされる。弾丸より拳骨の方が効果覿面ってね。 当然の如くストーリーはあってないようなもの。ヤンチャな女子数名と囚人たちが一応の主人公グループ、あとは兵士っぽい小隊や警備員が少々。当たり前のように次から次へと死にまくる。 更に謎のキーワードみたいなのをぶっ込みまくる。 「貴女は狼?それともただのアバズレ?」「Wolf!アオーン!」 この掛け合い、特に意味は無い。 「人にお願いする時は魔法の言葉を言うものさ」 「please…!」 「グッガール」 このやり取り、特に意味は無い。 おまけに突然黒幕の登場、即銃殺。お前、ただでさえ貴重な尺なのになんて事してくれる。一時間半しか無いんだぞ、無駄遣いするんじゃない。 ある意味でどこよりも厳重な場所である監獄だったり、サイコな囚人達が恐竜に立ち向かったりだとか。設定面では少し光る部分があるだけに、ほんのちょっとだけ惜しさを感じないでもないと言い切れないこともなくはないような作品。

「ジュラシック・シティ (2014)」に関連する作品