きみの鳥はうたえる

きみの鳥はうたえる

2018年製作 日本 106分 2018年9月1日上映
rating 3.3 3.3
14 2

『きみの鳥はうたえる』とは

芥川賞にも名を連ねる小説家、佐藤泰志の代表作『きみの鳥はうたえる』を実写映画化。舞台を原作の東京から函館に移し、2018年の現代の物語として描き出した。 監督・脚本を務めるのは『やくたたず』、『Playback』などを手がけた三宅唱。主人公・僕を『素敵なダイナマイトスキャンダル』で主演を務めた柄本佑が演じ、その友人・静雄役を『3月のライオン』などの染谷将太、2人の間で揺れ動く女性・佐知子役を『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』の石橋静河が演じている。

『きみの鳥はうたえる』のあらすじ

函館の夏、郊外の書店で働く僕と失業中の静雄は意気投合し、一緒に暮らしていた。僕は同じ書店で働く佐知子と惹かれ合う。ずっと2人で過ごしていた僕と静雄だったが、ある日を境にそこに佐知子が加わるようになる。 3人で夜通し酒を飲み明かしたり、ブラブラしたり遊んだり、何でもないような時を過ごしていた。それは取るに足らないような楽しくて幸せな時間だった。いつも一緒にいた3人だったが、それが永遠に続くわけではなかった。2人の男性と1人の女性。微妙なバランスで成り立っている若者たちの、一夏の切ない物語。

『きみの鳥はうたえる』のスタッフ・キャスト

『きみの鳥はうたえる』の感想・評価・ネタバレ

  • putwell
    putwell 0 18日前

    とても懐かしい。20代にはもう戻れないなと考えさせられた映画。 久しぶりにクラブでバカ騒ぎしたいなと、強く思いました。

  • manikademonika
    manikademonika 3 3月29日

    なかなか心に残りそう。 よくある内容だけど、皆の演技がいいのかな。 考えるほど、それぞれの役の色んな見方ができて面白い。 やっぱり初めは女の子サイドになったけど、見直したら柄本佑の役もなんとも可哀想。 染谷くんはやはり放つオーラが才能溢れてて、ずっと見てたくなる。好きだー と、私はある一方のエンドと捉えての記録。 佐知子が、遅いんだよクソと泣きじゃくったらいい。 そのくらい好きな気持ちは伝わったから。 だから違うパターンもあり得るけど。 まぁわかんないナ。 青春ー(;▽;)、てなった。 懐かしくなると同時に自分の精神年齢も確認。

  • 錆犬

    2018/09/29 名古屋シネマテーク

『きみの鳥はうたえる』に関連する作品