ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦
ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦
Anthropoid
2016年製作 チェコ イギリス フランス 120分 2017年8月12日上映
rating 4 4
5 6

『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』のしょうちゃんの感想・評価・ネタバレ

しょうちゃん
しょうちゃん 4 3月12日

第2次世界大戦の史実を基に、 ナチス親衛隊大将ラインハルト・ハイドリヒの暗殺計画“エンスラポイド作戦”を映画化した実録戦争サスペンス。 ナチス占領下のチェコを舞台に、 ハイドリヒ暗殺という過酷な任務に挑む2人の若者の悲壮な決意とその顛末を緊迫感あふれる筆致で描き出す。 本作は、 ナチスに占領されていたチェコを統治していたラインハルト・ハイドリヒを暗殺する作戦を描いたもの。 邦題の「ハイドリヒを撃て!」だけ見ると軽快な感じに思えてきますが、 全くそんな軽さはないくて、 終始、 重苦しい空気の流れる作品でした。 ショーン・エリス監督作品なんですが、 アート系の作品を撮る監督だと思っていたので、 この様な作品を撮るのは意外でした。 本作の「エンスラポイド作戦」は、 ナチスの高官暗殺計画で唯一成功した作戦だったみたいです。 緊迫感あふれる中でも、 所々でプラハの美しい街並みのカットを拝むことができる。 史実の重みを感じる作品でした。