マリと子犬の物語

マリと子犬の物語

2007年製作 日本 124分 2007年12月8日上映
rating 3.5 3.5
42 2

『マリと子犬の物語』とは

2004年10月23日に発生した新潟県中越地震で被害を受けた山古志村での、奇跡の実話を基に描かれた絵本『山古志村のマリと三匹の子犬』が原作。被災地に残された母犬マリが、産んだばかりの子犬たちを必死に守り生き抜いた感動の物語である。 監督は、本作劇場映画初監督となる猪股隆一。出演は、船越英一郎、松本明子、 宇津井健など。音楽は、『ハウルの動く城』や『千と千尋の神隠し』の久石譲。主題歌を平原綾香が務めている。

『マリと子犬の物語』のあらすじ

新潟県山古志村に暮らす、4人家族の石川家。母を早くに亡くしている息子・亮太と娘・彩は、ある日、捨てられていたメスの子犬を見つける。自分たちと同じ母親のいない捨て犬を可哀想に思った2人は、その子犬を家に連れ帰り、犬嫌いの父・優一を祖父・優造を味方につけて飼うことの説得に成功し、「マリ」と名づけて可愛がった。 2004年10月、すっかり成長したマリは、3匹の子犬を産んで母となる。新しい家族が増え、幸せに包まれた石川家だったが、そのすぐ後の10月23日夕方、マグニチュード6.8の大地震が家族の住む村を襲う……。

『マリと子犬の物語』のスタッフ・キャスト

『マリと子犬の物語』の感想・評価・ネタバレ

  • タマキ
    タマキ 3 2016年12月30日

    新潟県中越地震の時の実話が元になっているらしい。 実際は被災された方が、避難所で犬と暮らしていくのは難しいらしく、マリも親戚の方の家に預けられていたはず。 他にも、実際には難しいだろうなーっていう表現もあるけど、マリ役のイチと子犬の可愛さで許せちゃう! 人の演技より、イチの演技の方が断然上手いっていう...。 犬が大好きな人はイチと子犬の可愛さにぜひ癒されてほしい。

  • ミミズ
    ミミズ 3 2015年10月24日

    泣けた。お母さんがいないから犬が飼えないの、というシーン。それから、がれきの中を杖をもって助けにくるシーン。

  • しょーじ
    しょーじ 4 2014年2月10日

    動物系はズルいや、、 ハムスター程度の動物しか飼っていない自分には関係ないかもしれないが、地震という大規模災害において、人命というものの尊重と同時に、人命以外の除外が生じるのは仕方のないこと。 しかし、復旧が早々に進まないと一番被害を受けるのは動物かもしれないということに気づかされた。動物に日々の恩恵を受けている人間にとって、これを裏切り行為と捉えても納得。助けたい、しかし、未だ見つからない被災者がいる中でワガママは言えない。ただ生きていてと祈るのみ。 人は非日常を求める習性があるが、終始非日常の状況下に置かれると日常を求め出す。感情なんて無い物ねだりで、何が人にとって正しいかなんてわからんけども、ペットは無条件に愛を与えてくれる。泣きそう。

『マリと子犬の物語』に関連する作品