きらきら眼鏡

きらきら眼鏡

2018年製作 日本 121分 2018年9月15日上映
rating 1 1
1 1

『きらきら眼鏡』とは

原作者の小説家・森沢明夫からの熱烈なオファーを受けて、犬童一利監督が同名小説を映画化した作品。過去に囚われて時間を無為に過ごしていた青年が、ある女性と出会い限りある時を生き生きと過ごすことの大切さに気付かされる物語となっている。 主人公の立花明海役には本作が初挑戦となる金井浩人、前向きに人生を生きようとする女性・大滝あかね役に『怒り』など出演の池脇千鶴、あかねの恋人である木場裕二役に『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』などの安藤政信を起用した。

『きらきら眼鏡』のあらすじ

恋人に先立たれてから、立花明海は空虚感に苛まれて生きていた。ある日立ち寄った古書店で、明海は自己啓発書を購入する。自分が感銘を受けた部分と全く同じ個所に印がしてあるその本には、前の持ち主の名刺が栞代わりに挟まっていた。 興味を持った明海が連絡を取って会ってみた「大滝あかね」は、いつも笑顔を絶やさず1日1日を大切に生きている女性だった。周りのものが輝いて見える「きらきら眼鏡」をかけて人生を送っているというあかねに、明海は徐々に惹かれていく。「時間は命と同じ」と明海に教えるあかねには死期の迫った恋人がいて、自暴自棄になりかけている彼と懸命に向き合っていた……。

『きらきら眼鏡』のスタッフ・キャスト

『きらきら眼鏡』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『きらきら眼鏡』に関連する作品