KUBO クボ 二本の弦の秘密

KUBO クボ 二本の弦の秘密

Kubo and the Two Strings
2016年製作 アメリカ 103分 2017年11月18日上映
rating 3.7 3.7
15 6

『KUBO クボ 二本の弦の秘密』のスタッフ・キャスト

『KUBO クボ 二本の弦の秘密』の感想・評価・ネタバレ

  • U2

    3Dストップモーションアニメの良いところは出てたし、拙いながら日本の文化の理解もあった。ただ武器クエストがあまり意味がなく、家族愛の描写と混在していた印象。 思っていたより面白い作品だったのに、結局リメンバー・ミーみたいになってしまったのが残念。

  • ちくわぶ
    ちくわぶ 4 2019年7月5日

    2019/07/03 Netflix

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2017年12月12日

    母と二人で暮らす少年クボは三味線を掻き鳴らし折り紙を操り村の人たちを楽しませていた。ある日少年は母親の言いつけを破り……。 物語のアウトラインは「少年が仲間を引き連れ、悪い奴らを退治する」という桃太郎的童話です。しかしテーマは実に深淵。言い切ることが難しいのですが、「死」という目的を「忘却」という手段で語る、とするのが良いのでは。忘却は時間的経過であり、時間経過の先には必ず死がある。大切な人との死別、さらに認知症による人間性の消失などの問題を一挙に束ね、人間味溢れる暖かなメッセージで包んでくれます。二本の弦の秘密が明らか(というかなんとなくわかる)になる中盤あたりから涙が止まりませんでした。今年一番温かい涙に間違いない。 少年心を完璧掴まれるカッコイイ展開もあります。僕は序盤のお母さん登場で震えました(実はもうこの頃から目頭熱くなってる)。アクションシーンも超絶カッコイイ。アニメオタクがよく言う「ヤバい作画」です。猿と叔母との船上の戦い、白熱の一言で片付けられない。 そうしてエンドロール。この映画がストップモーションアニメであることが明かされるのです。確か知っていた事実なのですが、映画開始直後から完全に忘れていました。これは本当にすごい。劇中で少年クボが折り紙を操るのですが、これが非常にメタい。クボは折り紙に命を吹き込み、映画製作者はクボたち(人形)に命を吹き込む。その映画のテーマが死なんです。ヤバくないですか?この映画、絶対ヤバいです。

『KUBO クボ 二本の弦の秘密』に関連する作品